HOME

マレーシアは、マレー系、華人系、インド系のおもに3つの民族がともに暮らす国です。それぞれに生活習慣や宗教観が異なり、多様な価値観が目に見える形(服装・家・宗教施設・言語・食の嗜好など)で共存しています。「人は人と違って当たり前」という共通認識をもち、人に合わせることをよしとせず、じぶんの気持ちを何よりも大事にします。

多様な文化なかでもとくに、影響しあう民族間で育まれた食文化は、驚くほどバラエティに富んでいます。まるで複数の国の料理がひとつに集まったかのような豊かさです。そしてどの料理も、この土地で生きた人の思いがこめられています。

舌で感じる味、料理にまつわる風習や言い伝え、食を通して受け継がれていく人々の想い。そのすべてが“おいしいごはん”の要素です。食材や調理の方法だけでなく、旅先での人との出会い、一期一会の体験も。それらの記憶がよみがえるからこそ、ごはんはおいしい。そのことをマレーシアで教えてもらいました。

マレーシアごはんの会では、“ごはんからマレーシアを知ってもらおう”というコンセプトで、体験型のごはんイベント、料理教室、現地ごはんツアーを企画・主催。また、マレーシアの食情報を中心に記事執筆をしています。

おいしい、は人それぞれ。マレーシアごはんを通してマレーシアという国を知ってもらい、あなたにとっての「おいしいごはん」を見つけていただければ、うれしく思います。

(マレーシアごはんの会Malaysia food net 主催&ライターWriter 古川音Oto Furukawa Aug/2016)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。