おかず

フィッシュヘッドカレー

Fish Head Curry

魚の頭入り。さわやか系スパイスのサラサラカレー

魚好きにおすすめ。えらやあごの下、脳天の身にもカレーがたっぷりしみている

土鍋や大皿で提供されるフィッシュヘッドカレーは、大人数でとりわける料理。カレーというより、具だくさんのカレー鍋といったほうが近いかも。特徴はなんといっても、皿の中央でキラーンと目を光らせている魚の頭。まぐろのカマ焼きのごとく、骨のまわりの身をスプーンでほじほじして食べます。いったいなぜ、こんなに食べにくい材料がカレーの具になっているのかというと、それまで捨てていた部位なので安く仕入れられた、とか、魚の頭はよく動く部分なので美味など、諸説あり。とにもかくにも、このインパクトのある見た目が人を惹きつけ、いまではマレーシアで人気のカレーになっています。サラサラした汁っぽいカレーで、タマリンド(豆科の甘酸っぱい実)やトマトの酸味、フェネグリークなどのスパイスの香りがさわやか。オクラやナスなどの野菜や油揚げにカレーがしみていて、これがまた美味。ちょっとバテ気味の日に、食欲をもりもりかきたててくれる、頼りになるヤツです。

Memo
インド系のカレー食堂「ナシカンダー」で提供。ときに、中国系のレストランで見かけることも。魚の頭の食べ方は、スプーンで身を適度にカットして自分の皿の上におき、そこで小骨を取りのぞこう。鍋からそのままパクッと食べると、小骨が入っていることが多いので、気を付けて。

Photo
クアラルンプール、バングサ地区のカレーレストラン「Curry Guys」て、2014年

関連記事

  1. 亀ゼリー
  2. テタレ
  3. 豚チャーシュー
  4. ナシレマ
  5. チリパンミー
  6. チキンウィング
  7. ロティチャナイ
  8. バクテー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。