おかず

ナシカンダー

Nasi Kandar  

カレーや惣菜が豊富にそろう食堂

ご飯とおかずを一皿に盛って会計。ひとりでも気軽に楽しめる

日本にもあったらいいのに、と立ち寄るたびに思うマレーシア名物が、このナシカンダー。チキンカレー、フィッシュヘッドカレー、ラムカレーなどのカレー、ワダ(豆ドーナッツ)や鶏唐揚げなどの揚げもの、そして野菜、卵料理、ごはんなど。それらがトレーや寸胴に盛られて店頭にずらっと並べられ、お客さんが料理を見ながら注文できる店です。気に入っているところは、料理名を知らなくても注文できるわかりやすさ。そして、盛る量を調整できるので、ひとりでも色々な種類が食べられること。カレーやスパイスがきいたおかずが多いので、カレーやインド料理好きには天国です! 圧巻の品ぞろえなので、あれもこれもと注文したくなりますが、料金は料理の数で加算されるので、その点はお忘れなく。量はあまり関係がなく、たとえばオクラ炒めは1本でも5本でも同料金。また、魚介系(魚・蟹・海老)は値段が高く、鶏肉は比較的安価。カレーの“汁だけ”は無料です。わたしがいつも盛るのは、チキンカレー、キャベツ炒め(またはオクラ炒め)、揚げもの(ワダ、またはカレーを汁だけにして鶏唐揚げ)、卵系(塩卵があったら、ぜったいにこれ)。それにパリパリの薄焼きパパドをつける。これで大満足! ナシカンダーのチェーン店「カユ」あたり、日本にも出店してほしいな。

Memo
ナシカンダーの名前は、「カンダー(=天秤棒)」に籠を吊り下げ、その中におかずやご飯「ナシ」を入れて売り歩いたことに由来する。また、ナシカンダーはインド系の料理なので、インド系民族が多く住む地域にある店がおいしい。クアラルンプルールならインド人街、ペナン、イポーには名店がある。チェーン店も多く、それらは24時間open。

Photo
ペナン、ナシカンダー・カユにて、2014年

関連記事

  1. チェンパダ・ゴレン
  2. 点心・飲茶
  3. ナシレマ
  4. イポーヌードル
  5. バビロティ
  6. フィッシュヘッドカレー
  7. ポークボールミー
  8. サテー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. クアラルンプールの紀伊國屋書店で『ナシレマ!』本、販売スタート
  2. 屋台祭り(募集中) 2月25日(日)「カレーミーとラクサを徹底検証」Malaysian kopitiam festival,Curry Mee and Laksa
  3. 3月料理教室(募集中)漢方スープ鶏骨茶と簡単ベジ料理 Malaysian cooking class, Chi Kut Teh, Oyster Lettuce and Tofu
  4. 1月料理教室(終了)国民食ナシレマ、旨辛の焼き魚、さくさく唐揚げ Malaysian cooking class, Nasi Lemak, Ikan Bakar and Ayam Goreng
  5. 屋台祭り(終了) 1月28日(日)「体にやさしいお粥。スイーツまで!」Malaysian kopitiam festival, Chicken Porridge and Bubur Hitam
  6. 食事イベントVol.28(募集中)2月17日(土) ヤ~ムセイ! 春節のお祝い料理「イーサン」で2018戌年の福を願おう
  7. おすすめ! 60名様限定KLツアー、3月まで募集。5つ星ホテルに泊まるマレーシア旅。99,800円(3泊)で往復航空券込み。
  8. 奥渋にあるコンセプト書店「SPBS」で『ナシレマ!』本、販売中
  9. 静岡・浜松「アジアンダイニングキッチン 韻彩」 シェフの家に代々伝わる自家製サンバル
  10. 「ナシレマバーガー」がマレーシアで人気!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。