おやつ

クロポ

Keropok

おやつに食べたい、カリカリの魚せんべい

揚げたてがおいしい! 調理前の乾燥チップスは長期保存できるのでおみやげにもマル

魚で作ったスナック菓子「クロポ」。灰色で地味な見た目(写真左)ですが、魚の風味が濃く、カリッと食べ応えのある厚めの食感は、一度食べ始めると、やめられない止まらないおいしさです。適度な塩気があり、おやつの定番。さらにマレーシア人は、食事中の箸休め的存在としても、このクロポを活用しています。ご飯、おかず、そこにクロポが並ぶこともめずらしくありません。さて、クロポは揚げたてがおいしいので、スーパーや市場の食材コーナーでは、揚げる前の状態の乾燥チップスが販売されています。色はグレー、または薄い褐色で、1ミリぐらいの厚みの長方型のチップスが、大袋いっぱいに入っているのを発見したら、それ。おみやげにおすすめです。調理は、熱した油で2秒ほど素揚げすればできあがり。油に投入すると、あっという間に2倍以上に広がるので、焦げないよう慎重に。そうそう、もうひとつおすすめのおやつが「クロポレコ― keropok lekor 」。これはクロポの親戚で、チップスではなく、魚のすり身を棒状に成形して揚げたもの。いわし天やさつま揚げのようなもので、日本人好みの味。夜市や朝市で、揚げたてを売っているので、見つけたらぜひ。チリソースにつけてほおばれば、魚の風味が口いっぱいに広がり、最高です!
※写真右はイカで作ったクロポで、これはあまり市場に出回っていない

Memo
写真はケダ州のクロポ工房で撮影したもの。この工場では、カタクチイワシ、イワシ、サバ、エビ、イカの5種のクロポを作っていた。そのときの記事はこちら

Photo
ケダ、クロポ工場にて、揚げる前の乾燥チップスの状態で1袋5~10リンギット、2014年

関連記事

  1. ビスクマゾーラ
  2. ウツボカズラご飯
  3. アイスカチャン
  4. レマン
  5. パイナップルタルト
  6. 点心・飲茶
  7. ナシクニン
  8. サラワクラクサ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催します
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。