おかず

豚チャーシュー

Char Siew 叉焼

飴色に炙られたチャーシューが運ぶ幸せ

ホテルの部屋でちょっと飲みたい。そんなときはチャーシューをつまみに

マレーシアはイスラム教を国教として定めています。イスラム教徒は人口の約60%を占め、彼らは豚肉を一切食べません。それなのに街のいたるところで見かける豚料理。これは、人口の約30%を占める中国系マレーシア人に向けたもので、彼らは豚が大好物。マレーシアでは、イスラム教徒以外の人が豚を食べるのはまったく問題なしで、ラマダン(断食)中でも中国系屋台は通常通り営業しています。さて、豚料理でもっとも気軽においしく食べられるのは、チャーシュー。中国系屋台の厨房には、飴色に炙られた豚バラの塊肉が針金で吊られていて、注文後にその場でカットしてくれます。写真はブキビンタンの小さな屋台でお持ち帰りしたチャーシュ。この屋台、月~土曜、朝11時~昼3時まで営業(売り切り御免)という中途半端なオープンにも関わらず、その名はグルメの間で有名。分厚くスライスされた豚肉はやわらかく、香ばしく炙られた脂身のまろやかなこと。タレは甘すぎず、皮はカリッと固め。まさに豚のステーキでした

Memo
経験によると、持ち帰りの「チャーシュー1人前」と店で食べる「チャーシューライス1人前」のチャーシューの量は違います。前者のほうが圧倒的に多くて高額。

Photo
クアラルンプール、ブキビンタン、ティンカットトンシン通りの「ミンキー」、ご飯付で4リンギット、2009年

関連記事

  1. フィッシュヘッドヌードル
  2. ロティチャナイ
  3. パンミー(スープ)
  4. チェンパダ・ゴレン
  5. ペナン・アッサムラクサ
  6. 巨大カレーパン
  7. アイスカチャン
  8. 亀ゼリー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。