ごはん&麺

フィッシュボールヌードル

Fish Ball Noodle 魚丸麺

プリプリの魚のすり身が口のなかで弾ける

あっさりスープが、ぷりんとしたすり身を際立たせます

マレーシア人は、フィッシュボール(白身魚のすり身)にかなりのこだわりがあります。たとえるなら、日本ではお正月以外は脇役に徹するかまぼこに「ここでなきゃ!」と毎回行きつけの店があるようなものです。このフィッシュボールを具のメインに掲げた麺料理がこれ。合わせる麺は、米麺のクイティオだったり、短い麺のローシーファンだったり。あくまでもメインは、フィッシュボールです。さてわたし、結構なすり身好きではありますが、たかがフィッシュボールにそんなに違いはなかろう、と思っておりました。しかし、そうではなかった! 友人に連れて行ってもらった店のフィッシュボールは、今まで味わったことのないプリンツルンとした食感。きっと、手でつかんでエイッと投げたら、スーパーボールのようにビニョーンと弾むに違いない。口のなかで噛むごとに踊るように弾けるんです。また、フィッシュボールではなく、フィッシュケーキとよばれているメニュー、これはマレーシア版の薩摩揚げで、注文後に高温の油で素揚げし、熱々の状態でテーブルに運ばれてきます。これがたまらんです。おろししょうがと醤油をつけたくなります。魚のすり身って、奥が深いんですね~。

Memo
この絶品フィッシュボールと揚げたてフィッシュケーキが味わえるのは、ブキビンタン近くプドゥの店(下記店名)。ローカルごはん通Sさんの調査により発見された。

Photo
クアラルンプール、プドゥの「Restaurant Ah Koong」、5リンギット、2009年

関連記事

  1. チーチョンファン(KLバージョン)
  2. チキンウィング
  3. マンゴーロー
  4. バナナリーフカレー
  5. 粥(広東系)
  6. 亀ゼリー
  7. バビロティ
  8. 豚チャーシュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。