ごはん&麺

フィッシュボールヌードル

Fish Ball Noodle 魚丸麺

プリプリの魚のすり身が口のなかで弾ける

あっさりスープが、ぷりんとしたすり身を際立たせます

マレーシア人は、フィッシュボール(白身魚のすり身)にかなりのこだわりがあります。たとえるなら、日本ではお正月以外は脇役に徹するかまぼこに「ここでなきゃ!」と毎回行きつけの店があるようなものです。このフィッシュボールを具のメインに掲げた麺料理がこれ。合わせる麺は、米麺のクイティオだったり、短い麺のローシーファンだったり。あくまでもメインは、フィッシュボールです。さてわたし、結構なすり身好きではありますが、たかがフィッシュボールにそんなに違いはなかろう、と思っておりました。しかし、そうではなかった! 友人に連れて行ってもらった店のフィッシュボールは、今まで味わったことのないプリンツルンとした食感。きっと、手でつかんでエイッと投げたら、スーパーボールのようにビニョーンと弾むに違いない。口のなかで噛むごとに踊るように弾けるんです。また、フィッシュボールではなく、フィッシュケーキとよばれているメニュー、これはマレーシア版の薩摩揚げで、注文後に高温の油で素揚げし、熱々の状態でテーブルに運ばれてきます。これがたまらんです。おろししょうがと醤油をつけたくなります。魚のすり身って、奥が深いんですね~。

Memo
この絶品フィッシュボールと揚げたてフィッシュケーキが味わえるのは、ブキビンタン近くプドゥの店(下記店名)。ローカルごはん通Sさんの調査により発見された。

Photo
クアラルンプール、プドゥの「Restaurant Ah Koong」、5リンギット、2009年

関連記事

  1. ボボチャチャ
  2. ニョニャラクサ
  3. フィッシュヘッドカレー
  4. オンデオンデ
  5. ジョホールラクサ
  6. ファッティーのチリクラブ
  7. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  8. クエラピス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. クエゴヤン
  2. ヤムケーキ
  3. チュクドゥ
  4. バフル
  5. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  6. 【Crea Web記事更新】ドリアン餡の月餅が驚きの美味しさ! もちもち皮×濃厚ドリアンの相性抜群
  7. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  8. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミー専門店
  9. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の味揃い
  10. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。