ピックアップ

マレーシアのラクサ事情 Laksa in Malaysia

地域で自慢の味があるご当地ヌードル、ラクサ Which Laksa do you like?

※2020年1月14日更新

 マレーシアのラクサLaksaは、日本のラーメンと同じように地域によっていろんな味があります。たとえば、ペナンで育ったマレーシア人が、クアラルンプールでラクサを注文して「えっ、これラクサじゃない!」と驚いたというのはよくある話し。ペナンラクサとクアラルンプールのラクサは別もの。つまりラクサはご当地麺なのです。

 マレーシアのラクサを簡単にまとめてみました。

マレーシアは麺パラダイス。なかでも人気なのが「ラクサ Laksa」。マレーシア全土、どこでも食べることができる

 ラクサのスープをおおきくわけると2種。魚だしをベースに酸味(Asam)を加えたさっぱり系。そして、海老や鶏のスープにココナッツミルク(Lemak)を加えたクリーミー系。どちらも唐辛子入りで刺激的な辛さがあります。具は海老、鶏肉、魚のほぐし身、卵、フィッシュボール(つみれ)など。

 人気のラクサの特徴をひとことでいうとこんな感じ。
Asam系
ペナンラクサ :米の丸太麺にサバやアジなど青魚でつくる酢っぱ辛いスープ麺
ケダラクサ :魚だしに酸味を加えたさっぱり味。スープ麺というより、つゆだく麺

Lemak系
ニョニャラクサ :海老スープにハーブやココナッツミルクを加えてじっくり煮込んだスープ麺
サラワクラクサ :サラワク州のご当地麺で胡椒と山椒の香りがきいたサラサラカレー麺
カレーラクサ :スパイスの香り豊かなココナッツミルク味のカレー麺

Asam + Lemak
ジョホールラクサ :麺がスパゲティで海鮮スープをかけるという味、食べ方ともに個性派
ラクサム :クランタン州のご当地麺で魚だしにココナッツミルク、ロール状の麺が特徴的(Asamひかえめ)
※上記のラクサ名をクリックすると、それぞれの詳しい説明記事にとびます。 

そのほかこんなラクサもあります。
トレンガヌラクサ :魚だしにココナッツミルク、さらにサンバル、やし砂糖を混ぜた甘辛のスープ
クランタンラクサ :ラクサムと同じスープで、麺がほかのラクサと同じ太ビーフン
ペルリスラクサ :ケダラクサと似ていて、ちまき(もち米で中に海老入り)と一緒に食べる
ラクサテルックチャイ :ケダラクサと似ているが、ココナッツサンバルが必ずのっている
ラクササランブルン :網状に揚げたサクサクの卵が具。それが鳥の巣のようなので名前に
パハンラクサ :ケダラクサに似ていて、さっぱり味の魚のスープ
炒めラクサ(Fried Laksa) :店によってはラクサを炒めてくれる。KLに有名店があり、そこはアッサム味 
※ケダラクサとペルリスラクサを合わせて「ラクサウタラ Laksa Utara」=北のラクサとよぶ

 ちなみに、ラクサの語源には2つの説があり、“多数”や“十万”を意味するサンスクリット語に響きが似ていることから、調理に使う食材が多種であることをさしている説。もうひとつは古代ペルシャ語のLakhshaという、つるつるした麺をさす言葉。中央アジアの麺のラグマンやイタリアのラザニアと同じ語源です。 

 さて、ここまでいろんな味があると、いったいラクサとは何ぞや?という疑問が湧きます。もともとは、米の麺に魚のスープを使ったものをラクサとよび、肉を使っていないため宗教を問わず国民に受け入れられた、とか。現在は、鶏スープでコクをだしたり、卵麺を使ったりと、地域性に加えて店それぞれに自慢の味があり、多種多様なラクサがうまれています。

 また、歴史的にみると、19世紀以前、イギリスの占領下になる前のマレーシアは、ひとつの国ではなく小さな王国の集まりでした。ラクサだけでなく、マレーシア料理に郷土色が強いのはこのためで、土地ごとにさまざま料理があります。海に囲まれたペナンでは魚を使ったラクサ、胡椒の産地サラワクでは胡椒をスパイスに。ラクサという1杯には、その土地ならではの食材や風土、受け継がれてきた歴史がぎゅっと詰まっているのです。

関連記事

  1. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレー…
  2. マレーシアのオススメみやげ スーパーで買える伝統菓子ドドル
  3. 世界遺産マラッカの名物グルメ5選 まん丸ごはんのチキンライスも…
  4. ボルネオ島の美食の町、クチンごはんツアー開催レポートFood t…
  5. レポート。屋台祭り(終了)10月20日(日)14:30「ラクサと…
  6. Report「マレーシアごはん祭り2019~Malaysia M…
  7. 日本ASEANセンターのThe People of ASEAN …
  8. 「名代 富士そば」に「ラクサそば」が登場!

おすすめ記事

  1. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  2. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  3. Instagramにて情報発信しています。
  4. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  5. マレーシア料理の地域性について考察
  6. アッサム・プダス
  7. マレーシア人の民族性と食文化
  8. ちまき
  9. マレーシアごはんの歴史、変遷
  10. イカン・バカール
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。