ごはん&麺

サラワクラクサ

Sarawak Laksa

サラワク州では朝カレーじゃないよ、朝ラクサだよ

スパイス効果でコクとさわやかさの絶妙なバランス!

ボルネオ島北西部に位置するサラワク州のご当地ラクサ。ラーメンを汁まで飲み干したことはたぶん人生で1回ぐらいだけど、このラクサは気がつけば毎回最後のひとすくいまで飲んでしまう。それぐらいスープがどんぴしゃで好みの味。カレー色のスープは30種以上のスパイスやハーブ入りで、なかでもサラワク特産の黒胡椒のさわやかな香りがポイント。たくさんのスパイスを使っているにも関わらず、スパイス独特のクセはほとんどなく、ココナッツミルクのコク深さとスープ全体の一体感がとてもいい。カレースープのようで、重すぎず、またすぐに食べたくなるあと味のよさなのだ。麺は細いビーフンが基本で、海老、鶏肉、錦糸卵、千切りのきゅうりと具がいろいろのっているのも楽しい。伝説のアメリカ人シェフが「神の朝ごはん」と絶賛し、サラワク出身以外のマレーシア人やボルネオ好きの日本人にも猛烈なファンがいる。ちなみにサラワク人は週に2~3回は食べるそうで、私もそれぐらいぺろりとイケそう。

Memo
ラクサはサラワク州では朝ごはん。そのため午前中で売り切って店じまいする屋台も多い。また麺を食べ終わったらスープをソースように使う人もいる。たとえばポピア(春巻き)やカヤトーストをスープに浸してパクリ。まねしてみたらおいしかった!

★マレーシア全体のラクサ事情(たくさんあります!)はこちらの記事へ。

photo
サラワク、クチン、5リンギット、2018年

関連記事

  1. ポークボールミー
  2. ビーフヌードル
  3. フィッシュヘッドカレー
  4. マレーシアの米料理 Nasi in Malaysia
  5. クエシプ
  6. レマン
  7. ナシミニャ
  8. クレイポットチキンライス

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。