ピックアップ

サンバルのレシピ

■辛味調味料「サンバル Sambal」

サンバルとは、唐辛子、玉ねぎ、にんにく、砂糖などを材料にしたマレーシア料理に欠かせない調味料です。材料や作り方はお店や家庭によってさまざまで、味は多彩。共通しているのはひとつだけ、辛さのなかに、あとをひくコク深さ(甘み、うま味、香りなどコクの種類はいろいろ)があること。

この星の数ほどあるサンバルのなかで、今回紹介するのは、ミキサーで混ぜるだけ! マレーシア人シェフのミークン(ランカウイ出身)伝授の“生”サンバルです。ガツンと辛く、ブラチャンの香りが食欲をそそり、ライムの酸味でさっぱりと。焼き魚、ゆで牛肉のつけダレにおすすめで、キュウリをディップしてもマル。マレーシアらしい香りのサンバルをお試しください。


■「サンバル・ブラチャン・ブランダ Sambal Belacan Blender」のレシピ

ブレンダー(ミキサー or フードプロセッサーでも)を使ったサンバル。ブラチャンの香りをたっぷり効かせ、タマリンドでコク深く仕上げます。

■1■ 材料は、赤唐辛子10本(お好みで)、ブラチャン15g(海老の発酵ペースト。タイ産のガピで代用可)、にんにく2カケ、赤玉ねぎ1/4個、ライムしぼり汁大さじ1、タマリンド汁100cc(タマリンド10gを分量の水で溶いたもの*)、砂糖20g、塩少々。

*タマリンドはアジア食材店で購入可。なければ甘い梅干し大2個で代用可。

■2■ ミキサーでなめらかになるまで混ぜたら、完成。2週間程度は冷蔵庫で保存OKです! 疲れた日やバテた日に食べると、辛さと香りの刺激で活力が湧いてくるサンバルです。

 

なお、唐辛子の生タイプは、アジア食材店にて冷凍の状態で購入可。タイ産、中国産、インドネシア産などがあり、産地や季節によって辛さが違います。辛いのが苦手な人であれば、日本の青唐辛子、しし唐でも代用可。その場合は砂糖はすこし少な目に。またサンバルの色が緑色になるのもご愛敬。

ミークンのおすすめは焼き魚で、魚に薄くターメリックと塩をまぶして焼けば、さらにマレーシアの味になります。

関連記事

  1. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  2. 屋台祭り(終了)7月29日(日)「夏にぴったり。マレーシアの青い…
  3. ナシウラム
  4. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVo…
  5. (終了)「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAK…
  6. 世界も認めた「アッサムラクサ」を 東京のペナン料理専門店でいざ…
  7. WAUマレーシア文化フェス開催。7月31日(日)13~16時(J…
  8. おすすめ! 60名様限定KLツアー(募集終了)。5つ星ホテルに泊…

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催します
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。