おやつ

チェンパダ・ゴレン

dsc_0246

Cempedak Goreng

揚げておいしくなる果物はバナナだけじゃないのです

甘さが増し、とろっとクリーム状に溶けた実。熱々の揚げたてをほおばるべし

なにこれーおいしー!でも熱ーーっ!!これが、はじめてチェンパダ・ゴレンを食べたときのわたしの気持ち。いちご大福を初体験したときのような、揚げまんじゅうの実力に驚いたときのような、衝撃的なおいしさ。まだ2回しか食べたことはありませんが、それでもチェンパダ・ゴレンは忘れられない味です。チェンパダとは、果物です。ジャックフルーツによく似た果物で、汁気と酸味は少なく、たっぷり甘くて、香り高い。その実に、ゆるめに水で溶いた粉をつけて、高温の油でじゅーっと揚げます。衣のなかでとろっと溶けた実は火傷寸前に熱いのですが、冷えるとあまりおいしくないので、気合いをいれて揚げたてをはふはふ。真ん中にころんと入っている種をがりっとかみ砕かないように注意して。バナナ揚げもしかり、ドリアン揚げ(これもおいしいらしい)もしかり、果物揚げのジャンルでは、まちがいなくマレーシアは天下一品です。

Memo
チェンパダは生でも食べられますが、身がやわらかすぎるからか、揚げたおやつのほうがポピュラーのように思います。ナイトマーケット(夜市)やおかし専門の店で、ピサンゴレン(バナナ揚げ)とともに提供されています。

Photo
マラッカ、1リンギ(複数個)、2013年

関連記事

  1. フィッシュヘッドヌードル
  2. チャークイティオ
  3. アイスカチャン
  4. 粥(広東系)
  5. チキンライス
  6. ロジャ(果物バージョン)
  7. ロジャ(揚げ物バージョン)
  8. フィッシュヘッドカレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。