ごはん&麺

ナシクニン

Nasi Kuning / Nasi Kunyit

華やかな黄色で気分が上がり、もっちり食感で満たされる祝い飯

マレーシアのお赤飯的存在。ルンダンなど濃厚おかずと相性抜群

古代より、命の源である太陽の色に近いとして敬われていた黄色。マレーシアでは、王室の色でもあり、一般の人は使う場面を選ぶそう。そんなめでたい色のご飯が、ナシクニンです。ターメリックを溶かした水にもち米を浸して美しい黄色に染め、蒸して作ります。味はふつうのご飯。おかずと一緒に食べ、とくにココナッツミルクとスパイスで煮込んだ肉料理ルンダンは、濃厚グレービーソースがもっちり食感を引き立て、相性バッチリです。さて、ナシクニンは祝い席の定番料理。神聖な黄色であること、またお赤飯のように常温保存でもおいしいのが、宴の席で重宝される理由でしょう。そういえば以前、ペナン出身のアスリシェフが「ナシクニンは男の子の成人の儀式、割礼のときに村の大人たちの宴でよく食べられたよ」と教えてくれました。「でも、割礼をうけた本人はもち米だから食べられない」とも。傷口にもち米が良くない、といわれているそう。また、妊婦さんの安産を願った儀式「Melenggang Perut」にもナシクニンは登場するそう。華やかな黄色のご飯が食卓に並んでいる様は、人々を視覚からめでたい気分にしてくれるのです。

Memo
ナシとはご飯、クニン(kuning)は黄色のこと。また名前がクニンではなく、クニッ(kunit)=ターメリックなっていることもある。蒸したあと、ココナッツミルクを少量混ぜて、ほのかに甘い香りをつけるのも特徴。 

Photo
トレンガヌ州の屋台にて、2013年

関連記事

  1. レマン
  2. トウフファ
  3. ナシカンダー
  4. バナナリーフカレー
  5. ダックライス
  6. イポーヌードル
  7. ナシレマ三角
  8. オンデオンデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんカレンダー2023、販売スタート!
  2. 【11月1日】トークイベント。マレーシアフードカルチャー散策(オンライン視聴無料)
  3. ご参加ありがとうございました! マレーシアと南インドのコラボプレートがすごい!10月2日(日)東京大手町にて「踊る!東京リトルインディア!」イベント開催
  4. 新宿「激辛グルメ祭り2022」でラクサ、ナシレマッを食べよう!(9月21日~26日登場)
  5. WAUマレーシア文化フェス、アーカイブ動画公開中! 影絵人形芝居、マレー民謡、旅スポットまで見どころ満載。
  6. WAUマレーシア文化フェス開催。7月31日(日)13~16時(Japan Time)YouTube配信します!
  7. 8月25日まで。WAUリニューアルに向けて、クラウドファンディングに挑戦中
  8. タパイ
  9. ロントン
  10. マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継・11日、25日開催分、前日まで申し込み可です)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。