ごはん&麺

ナシクニン

Nasi Kuning / Nasi Kunyit

華やかな黄色で気分が上がり、もっちり食感で満たされる祝い飯

マレーシアのお赤飯的存在。ルンダンなど濃厚おかずと相性抜群

古代より、命の源である太陽の色に近いとして敬われていた黄色。マレーシアでは、王室の色でもあり、一般の人は使う場面を選ぶそう。そんなめでたい色のご飯が、ナシクニンです。ターメリックを溶かした水にもち米を浸して美しい黄色に染め、蒸して作ります。味はふつうのご飯。おかずと一緒に食べ、とくにココナッツミルクとスパイスで煮込んだ肉料理ルンダンは、濃厚グレービーソースがもっちり食感を引き立て、相性バッチリです。さて、ナシクニンは祝い席の定番料理。神聖な黄色であること、またお赤飯のように常温保存でもおいしいのが、宴の席で重宝される理由でしょう。そういえば以前、ペナン出身のアスリシェフが「ナシクニンは男の子の成人の儀式、割礼のときに村の大人たちの宴でよく食べられたよ」と教えてくれました。「でも、割礼をうけた本人はもち米だから食べられない」とも。傷口にもち米が良くない、といわれているそう。また、妊婦さんの安産を願った儀式「Melenggang Perut」にもナシクニンは登場するそう。華やかな黄色のご飯が食卓に並んでいる様は、人々を視覚からめでたい気分にしてくれるのです。

Memo
ナシとはご飯、クニン(kuning)は黄色のこと。また名前がクニンではなく、クニッ(kunit)=ターメリックなっていることもある。蒸したあと、ココナッツミルクを少量混ぜて、ほのかに甘い香りをつけるのも特徴。 

Photo
トレンガヌ州の屋台にて、2013年

関連記事

  1. マレーシアの米料理 Nasi in Malaysia
  2. ナシトマト
  3. ナシミニャ
  4. ビスクマゾーラ
  5. 亀ゼリー
  6. ボボチャチャ
  7. サンハーミー
  8. プトゥ・マヨン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。