ごはん&麺

ルイ茶

Lei Cha 擂茶 

客家(ハッカ)発、ベジタリアンのお茶漬け

野菜不足を感じたときに。オンリーベジ料理

インゲン豆、四角豆、ピーナッツ、豆腐など野菜や豆類をごはんにのせ、そこに緑色の汁(写真左奥)を注いで食べる客家料理です。「マレーシア版お茶漬け」とよくいわれますが、お茶としてたとえられている緑汁の味は、けっこう強烈。ベースの味はミントで、そこにバジルなどの生ハーブがすり潰されています。野菜やピーナッツ、胡麻でつくるので、西洋のスープのような肉系のコクはありませんが、お茶よりはかなり味が濃く、塩気も効いています。それに、今でこそ慣れましたが、ごはんが緑に染まるのはいささか奇妙で、もちろん食欲をそそる色ではありません。しかし、このルイ茶には熱烈なファンがいて、わたしもそのひとり。具が野菜と豆類のみというヘルシーなところ、ピーナッツ、四角豆など多種の味と食感の広がり、さらに「ルイ茶が好き」という通っぽさも理由かと。ルイ茶の緑汁をパウダーにしたルイ茶ドリンク(これは台湾の甘いルイ茶)もあり、在馬時代は愛飲しておりました。

Memo
屋台のルイ茶は、写真のように具がご飯の上にのった状態で運ばれてくる。それに対して、客家レストランで提供されている高級ルイ茶は、具がそれぞれ別皿で運ばれてくる。客家系の家庭では宴会や正月に家族全員で作り、15種もの具を用意することも。また、お茶をすり潰すすりこぎは伝統的にはグアバの木を使用。すり減っても食べられるし、香りがよいとされる。ルーツは、広東省の河婆(ホーポー)地方で、むかし戦の前にさまざまな雑穀をすり潰したお茶(ルイ茶)を飲んだところ勝利したので縁起の良い料理として始まったとか。擂にはすり潰すだけでなく、太鼓をうつ、という意味もある。台湾にもルイ茶があり、こちらは甘いデザートのようなお茶。

Photo
ククアラルンプール、クポンのホーカーストア、4リンギット、2009年

関連記事

  1. トウフファ
  2. テタレ
  3. ヨントウフ
  4. フィッシュボールヌードル
  5. 亀ゼリー
  6. ファッティーのチリクラブ
  7. バナナリーフカレー
  8. ワンタンミー(ドライ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. レポート。マレーシア料理・ライブレッスン(4月期・終了)
  2. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  3. 「名代 富士そば」に「ラクサそば」が登場!
  4. マレーシアの麺事情 Noodle in Malaysia
  5. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  6. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  7. ナシクラブ
  8. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  9. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  10. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。