ごはん&麺

イポーヌードル

Ipoh Noodle Dry

コシはないが、麺好きが納得。蒸しチキンに合わせて

葱と胡椒だけのシンプル麺

マレーシアで美食の街として知られる「イポー」の名物料理。スープのないドライ麺で、蒸しチキンと合わせて食べます。つまりは、よく知られているチキンライスのライスが麺になった、といった料理です。見るからにシンプルの極みともいえる麺、食べて驚き。度肝を抜かれました。透明感があり、ツルっとした食感の米麺クイティオ。具、いや薬味は、葱と白胡椒のみ。ソースは蒸しチキンのタレと同様で、オイスターソース、胡麻油、濃い口しょうゆを合わせたものがチョイと垂らしてあるだけです。たったそれだけなのに、今まで体感したことのないくらい、激うまなんです。素麺でもなく、焼きそばでもなく、うどんでもない。つけ麺に近い気もするけど、やっぱり違う。同じ食材で、同じ分量で、同じように作っても、あの味は絶対に再現できない、と思わせる職人の味でした。

Memo
クアラルンプールから車で3時間、そこで出会ったたった30円の究極グルメ。「これを食べるためにイポーに来てよかった!」と友人がえらく感動していました。

Photo
イポー、ニュータウン、1リンギット、2010年

関連記事

  1. ナシチャンプル Vol.2
  2. マンゴーロー
  3. カヤトースト
  4. ナシレマ
  5. チャークイティオ
  6. ロジャ(揚げ物バージョン)
  7. ナシチャンプル
  8. ビーフヌードル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。