ごはん&麺

ナシダガン

Nasi Dagang

シンプルに見えるものこそ、その奥に多数の工夫あり

注目はご飯。米は3種ミックスで、ココナッツミルクをかけながら蒸す

マレー半島北部、クランタン州やトレンガヌ州で食べられているご当地料理。ナシ(ご飯)とフィッシュカレー(カツオのカレーのことが多い)のコンビです。ナシダガンの特徴は、ナシ。パッと見たところ、ふつうのご飯に見えます。でも、上の写真をよ~くみると、皿の左下あたり、白飯のなかに赤米がちらほら混じっていますよね。じつはナシダガンのナシは、一般的なインディカ米(うるち米)に、赤米、さらにもち米もミックスしたもの。この3種混合米を一晩水に浸して、蒸しあげるのですが、途中でココナッツミルクを回しかけ、さらに蒸す、という工程をリピート。そのため、出来上がったご飯は、食感はふわっ、もちっ、になり、かむとほのかに甘い香りが楽しめるのです。しかーし、実のところ、ココナッツミルクの甘い香りは炊きたてのご飯によく似ているし、食感も小さな違いではあるので、ささっと食べただけでは、あまり気づかれない。それなのに、こんなに手間をかけて作り上げるのが、ナシダガンの魅力なのです。ふ、ふ、深い。フィッシュカレーは、まろやかなココナッツ風味で、ご飯によくなじむサラサラタイプ。シンプルな一皿だからこそ、心に沁みます。

Memo
マレー半島北部のエリアでは、屋台やフードコートで食べることができる。また、スーパーでは、ジャスミン米やバスマティ米と同じように「ナシダガン用の3種ミックス米」が袋入りで売られている。ちなみに、ダガン dagang とは貿易の意味。友人によると、貿易商人にふるまわれていた歴史があるそうで、フィッシュカレーが定番なのは、肉より宗教的な縛りがないためでは、と想像。あと、字面が似ていて混同しがちなのが nasi daging (ナシダギン)。こちらは牛肉とスパイスを炊き込んだビリヤニに似たもの。

Photo
クランタン州コタバル、セントラルマーケットの2階で食べたもの。たしか4リンギ(120円)程度。2013年

関連記事

  1. チキンルンダン
  2. レポート。アジアごはんズVol.7終了「4ヵ国の麺食べ比べ」
  3. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  4. ナシトマト
  5. ルイ茶
  6. プルッウダン
  7. J-WAVE「ACROSS THE SKY」にてマレーシアの食文…
  8. ナシチャンプル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 開催間近。マレーシアと南インドのコラボプレートがすごい!10月2日(日)東京大手町にて「踊る!東京リトルインディア!」イベント開催
  2. 新宿「激辛グルメ祭り2022」でラクサ、ナシレマッを食べよう!(9月21日~26日登場)
  3. WAUマレーシア文化フェス、アーカイブ動画公開中! 影絵人形芝居、マレー民謡、旅スポットまで見どころ満載。
  4. WAUマレーシア文化フェス開催。7月31日(日)13~16時(Japan Time)YouTube配信します!
  5. 8月25日まで。WAUリニューアルに向けて、クラウドファンディングに挑戦中
  6. タパイ
  7. ロントン
  8. マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継・11日、25日開催分、前日まで申し込み可です)
  9. 6月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第3期 参加者募集します!(ペナンから中継)
  10. クトゥパ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。