おやつ

ピサンゴレン

Pisang Goreng

サクサクの衣をまとった南国バナナ

揚げバナナ用のバナナは特殊。三角のバナナや硬いバナナ。厨房を観察すべし

東南アジアのお菓子の定番、揚げバナナ。サクサクの衣のなかに、甘いバナナがとろりんと溶けていて、素朴ながらも幸せをはこぶ味。材料にするバナナの種類はいくつもあり、長さ10センチの小さいバナナだったり、熟す前の青いバナナだったり、直径5センチの極太バナナだったり。きっと同時に食べれば味の違いが分かるのだろうけど、なんせ1リンギ(約30円)で5個(それも1個が大きい)も買えるため、いつも1種類で満足しておりました。写真のピサンゴレンは、移動式屋台、つまりバンの荷台をつかって営業している屋台のもの。友人から「激うまよ~」とすすめられたときは、ほんと?と正直、半信半疑。だってバナナを揚げるだけの料理だからね。でも食べて驚き!衣のサクサク感、その厚み、そしてバナナの濃厚な味。ほかの店とは全然違うんです。バンの前には行列ができていて、揚げたそばからアッという間に売り切れていく店なのでした。

Memo
揚げバナナ屋台には、揚げヤム芋、揚げスイートポテト、海老かき揚げ、バナナボールなどの多数の揚げお菓子を販売。

Photo
クアラルンプール、KLセントラル駅近くYMCAの通りにある移動式屋台、1リンギ(3~5ピース)、2010年、by Seiko chan 

関連記事

  1. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  2. ピーナッツトンスイ
  3. パンミー(スープ)
  4. プトゥバンブ
  5. クレイポットチキンライス
  6. ワンタンミー(ドライ)
  7. クロポ
  8. タパイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催します
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。