おやつ

ロティチャナイ

Roti Canai

日常食なのに外食。熟練の技がいるのに安価

カレー好きの朝ごはんに。24時間営業の店も多いので夜食にも

小麦粉、塩、マーガリン(またはギーと呼ばれるバターオイル)と水を合わせてよくこね、高温多湿の空気の中でしばし発酵。生地ができたら、むこうが透けて見えるぐらいに薄~く大判に伸ばし、パタンパタンと折りたたんで層のまま焼きあげる。すると、パイのようなさくさく感に加えて、もちっと伸びのあるパンになり、これにカレーソースをつけて食べるのが、ロティチャナイです。ようは、インドのチャパティやパロタといったパン系の軽食の仲間。ひじょうに人気の料理で、マレーシア人の日常食です。毎朝食べるという人も決してめずらしくありません。なのにこのロティチャナイ、家ではほとんど食べない。必ず外食します。なぜなら、薄~く生地をのばすには熟練の技が必要で、そのサクサク感を楽しむには、持ち帰りなどせず、その場で食べるのがいちばんおいしいから。目の前で生地をくるくる回す職人のおじさんの姿も、ロティチャナイをおいしく味わうための大事な要素です。この料理、注文後にひとつひとつ焼く、というけっこう手間のかかる工程なのに、価格がなんと、ひと皿50円ほどと安い!また、サディンやバナナなどの具入りのロティチャナイもあり、それはさすがに150円ぐらいなのですが、ときどきプレーン価格の50円で請求されたりするから、これまたひじょうに困る。「サディン入りだから150円よ」と訂正しないと、そのまま割引価格でスルーされたりするから申し訳なさすぎます。マレーシアはいろんな意味で、油断のできない国です。

Memo
ロティ(Roti)とは、マレーシア語で、小麦粉を水でねって焼き上げた粉物全般のこと。チャナイ(Canai)とは、回す、飛ばす、という意味がある。

Photo
クアラルンプール、「SELERA AMPANG」、ロティ・サディン3.8リンギット、2013年

関連記事

  1. サンハーミー
  2. ルイ茶
  3. ピーナッツトンスイ
  4. エッグタルト
  5. チャークイティオ
  6. ローミー
  7. クレイポットチキンライス
  8. ペナンにある、魅せる伝統菓子店

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. (終了)「マレーシアフェア Malaysia Fair」新宿中央公園にて。グルメから伝統舞踊、バティック体験、クッキングショー&体験まで!
  2. Hati Malaysia 文化講座(募集中)12月9日(日)三越カルチャーサロンにて
  3. マレーシア土産は現地スーパーで! 発見したら即買いすべき8品はコレ
  4. 屋台祭り(終了)10月21日(日)「酢鶏とロジャ最高!マレーシアのパイナップル料理がアツい!」Special Malaysian Nasi Goreng and Chicken chop with Pineapple
  5. レシピ集を販売します。マレーシア人に習った50のレシピ Malaysia COOKBOOK
  6. 屋台祭り(終了)8月26日(日)「マレーシア料理の基本、ナシレマッ。チキンルンダン付き」Nasi Lemak with Rendang Ayam
  7. (終了)「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest」ごはん、雑貨が横浜に集合!バティック色付け、サペ演奏もあります。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  8. アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!
  9. 屋台祭り(終了)7月29日(日)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  10. マレーシアごはんツアー2018年10月(満員御礼!)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。