おやつ

プトゥ・マヨン

Putu Mayam / Putu Mayong

細麺にココナッツの実と砂糖をパラリ。素朴ながらもやみつきに

蒸したての麺に、香り高いココナッツの実というのは、ここでしか味わえない贅沢

ビーフンそっくりの細麺に、削りたてのココナッツの実と砂糖をかけて食べるシンプルなおやつ。かむともちっとした弾力に、香り豊かな麺がとても美味。もともとインド南部をルーツとするおやつで、スリランカで「ストリングホッパー」とよばれるものと同じものです。あちらではカレーをかけてることも多いそうですが、マレーシアの露店では、砂糖がけのおやつタイプが主流。砂糖は、ブラウン色のコク深い椰子砂糖(グラ・ムラカ)をぱらりとかけます。さて、わたしがプトゥマヨンをマレーシアで食べたのは、じつはまだ2回だけ。暮らしていたクアラルンプール都心部には屋台があまりないのです。初めて食べたときは、そうめんに砂糖をかけたみたい……となんとも不思議な感じがしましたが、この素朴かつ、香り高いおやつは記憶に刻まれ、次にペナンの露店で見つけたときは、あれだー!!とうれしくて駆け寄ったものです。なお、ペナンではインド系の住人が多く、プトゥマヨンはとてもポピュラーなおやつだそう。夜市(パサマラム)でも手印判だとか。ちなみに、「一時帰国したらかならず食べます!」と熱く語ってくれた友人は、華人系。インド由来ですが、今ではマレーシアみんなに人気の味になっています。

memo
プトゥマヨンの麺の製造方法は、木製の専用の〃を使って押すタイプ。日本でいうなら、ところてんの作り方に似ている。ちなみに、同じ米粉で作る「ラクサ」、インド系のスナックの「ムルク」も同じ手法。この木製の道具は、菓子道具売り場で販売しています。

Photo
ペナン、タイムズスクエア近くの露店にて、1個で2~3リンギットぐらい、2014年

関連記事

  1. ラクサム
  2. 点心・飲茶
  3. ドドル
  4. ロティボーイ
  5. ファッティーのチリクラブ
  6. ヤムケーキ
  7. ナシクラブ
  8. カレーパフ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんカレンダー2023、販売スタート!
  2. 【11月1日】トークイベント。マレーシアフードカルチャー散策(オンライン視聴無料)
  3. ご参加ありがとうございました! マレーシアと南インドのコラボプレートがすごい!10月2日(日)東京大手町にて「踊る!東京リトルインディア!」イベント開催
  4. 新宿「激辛グルメ祭り2022」でラクサ、ナシレマッを食べよう!(9月21日~26日登場)
  5. WAUマレーシア文化フェス、アーカイブ動画公開中! 影絵人形芝居、マレー民謡、旅スポットまで見どころ満載。
  6. WAUマレーシア文化フェス開催。7月31日(日)13~16時(Japan Time)YouTube配信します!
  7. 8月25日まで。WAUリニューアルに向けて、クラウドファンディングに挑戦中
  8. タパイ
  9. ロントン
  10. マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継・11日、25日開催分、前日まで申し込み可です)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。