おやつ

巨大カレーパン

Curry Bread 

骨付きチキン入り。巨大カレーパン

カレーパン好きにはぜひ食べて欲しい。でも一人はムリよ

日本のカレーパンからは想像できない、度肝を抜かれるやつです。理由その1。2斤はあろうかと思われるほどのビッグサイズで、4~5人でシェアしないと完食できません。理由その2。カレーの登場方法が、びっくり玉手箱。パンの表面から2センチほどの深さに慎重に切り込みを入れてパンを剥ぐと、そこに白い紙があります。それはオーブンシートのような質で、その紙のなかに熱々のカレーが封じ込められているのです。理由その3。このカレー、レストランで食べるカレーそのもので、パン用のアレンジなんて一切無し。ジャガイモはごろごろ、鶏肉にいたっては骨付きです。まわりのパンを剥ぎながら、中のカレーに浸して食べるため、カレーパンというよりも、洋食のきのこスープのイメージ。ジワジワと辛さが襲ってくるカレーに、ミルクパンのような甘めの味のパンがぴったり。これは明らかに、カレーパンというひとつの料理ではなく、カレーとパンが一緒に提供されている、という逸品です。

Memo
この巨大カレーパンは、クアラルンプールから電車で2時間半の都市、イポーの名物。一度、クアラルンプールのチャイナタウンで発見し、持ち帰って、家の電子レンジでチーンとしたのですが、なかなか中まで温まらず苦労した。

Photo
イポー、カンパー地区、20リンギット、2009年

関連記事

  1. ロジャ(果物バージョン)
  2. エッグタルト
  3. 蟹の塩卵ソース炒め
  4. チーチョンファン(KLバージョン)
  5. ルイ茶
  6. ロジャ(揚げ物バージョン)
  7. 粥(潮州系)
  8. チェンパダ・ゴレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。