おやつ

ボボチャチャ

Bubur Cha Cha / Bubur Ca Ca

ココナッツミルクとイモの奇跡のコラボ

中にはサツマイモがたっぷり。身も心もほっこりする、すくって食べるおやつ

ココナッツミルクの甘いおしるこです。手軽に作れておいしいので、日本でもいくつかのマレーシア料理店で食べることができます。そうそう、昨年ヒットしたスーパーの成城石井やカルディで販売されているモーモーチャチャは、ココナッツミルクを使うのは同じですが、プリン系の固形デザート。マレーシアのボボチャチャはおしるこ系の汁もので、なかにはイモの具がごろごろ入っています。イエロー、オレンジ、パープルのカラフルなサツマイモに、白いタロイモ。プルプルと透明なのはサゴヤシのデンプンから作るサゴ(タピオカ似)です。ココナッツミルクのまろやかな甘さに、ほくほくのイモがよくマッチしていてとても美味。ただし、イモ三昧なので、とにかくお腹にたまります。初めてマレーシアで食べたとき、ランチ後のデザートに買ったのですが、まるでランチをもう一食買ったかのようなボリューム感。小腹が空いたときの強力な助っ人です。あたたかいのと冷たいのがあり、あたたかい(常温に近い)のが定番。また、マレー系のボボチャチャは、チャチャとよぶカラフルなゼリー(粉から作るもちっとした麺に近い食感)が入っています。伝統的なニョニャ菓子としては、バナナなどのフルーツ入りで中国正月の15日目に食べるお祝い菓子だったそう。昔から家庭で作られていて、お腹にたまる汁もののおやつ、このあたりもおしるこに似ているなぁと思うのです。

Memo
中国系の食堂、ニョニャ料理や定番のマレーシア料理を扱るレストランで提供。名前にあるチャチャは、マラッカで暮らすユーラシアンの人々のクリスタン語 で、little gems(小さな宝石)という意味

Photo
クアラルンプール、ニョニャ料理店「ニョニャカラーズ」にて、4~6リンギットぐらい、2016年

関連記事

  1. ペナンラクサ
  2. ナシチャンプル
  3. ワンタンミー(ドライ)
  4. ダックライス
  5. アイスカチャン
  6. 蟹の塩卵ソース炒め
  7. アパンバリ
  8. トウフファ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. トウフファ
  2. クエバカール
  3. ボボチャチャ
  4. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク
  5. アパンバリ
  6. 春節のお祝い料理「イーサンの会」(募集中)。2020鼠年の福をみんなで願おう。渋谷店は1月25日夜、横浜店26日昼に開催!
  7. 1月12日マレーシア料理教室(開催決定!募集中)丸鶏の鶏骨茶(終了)と腐乳レタス Malaysian cooking class, Chi Kut Teh
  8. アジアンマルシェ(2月1・2日)にて、マごはんカルタ、オリジナルグッズを販売!
  9. アンクークエ
  10. 名物食堂本の出版記念トーク&マレー凧WAU作り体験
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。