おやつ

ドドル

Dodol

もちっとした食感と椰子砂糖のやさしい甘み

餅好きな方に。日持ちがするのでおみやげにも最適

ようかん色の伝統菓子、ドドル dodol。食感はようかんよりもやわらかく、もちっと跳ね返ってくる弾力があります。ココナッツミルクに砂糖、米粉を加え、じっくりじっくり4~5時間かけて加熱して作られるもので、ようかんほどは甘くなく食べやすいです。手軽に販売されているドドルですが、南国マレーシアでの炎天下の長時間調理はかなり過酷のようで、以前取材を申し込んでいた職人が「昨日のドドル作りで熱射病になったので取材中止」のこともありました。さて、ドドルは3が月ぐらい日持ちがするので、おみやげにぴったりです。写真のように小分けになった箱入りのものが、おみやげ用にスーパーでよく販売されています。ただ、おいしさにこだわるなら、市場や露店で売っている小分け前のタイプのほうがおすすめ。たとえばマラッカのジョンカーストリートには、切り分ける前のドドルがお財布サイズぐらいの大きさで売られています。食べるときはひと口サイズに自分でカット。やわらかな弾力、ふくよかな甘み、舌触りはすべらかで絶品です。冷凍をしておけば自然解凍でまたもっちり食感に戻ります。また、小分けタイプでもブランドによって味が違い、写真のTAN KIM HOCKブランドはおすすめ。ときに粉が多すぎるのか硬いドドルもあるのでご注意を。沖縄の黒糖餅にそっくり、日本人も食べやすいお菓子です。

動画でも紹介しています。下記クリック
「マレーシアみやげ スーパーで買える伝統菓子 ドドル」

Memo
ドドルは、オリジナル、パンダン、ドリアンの3種で販売。ドリアン味(写真)はドリアン好きなツウ好み。ちなみにタイ、インドネシアにも同じようなお菓子があり、インドネシアではドドール(綴りはDodol)という。

photo
クアラルンプール、KLIA2のスーパー、約10リンギット、2016年

関連記事

  1. 蟹の塩卵ソース炒め
  2. チーチョンファン(KLバージョン)
  3. ワンタンミー(ドライ)
  4. チュクドゥ
  5. イポーヌードル
  6. サテー
  7. ナシレマ
  8. 揚げ年糕(ニエンガオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  2. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  3. 募集中。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  4. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  5. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  6. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
  7. 福建麺
  8. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシレマッ」「サテー」販売スタート。
  9. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  10. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。