お土産

サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sarawak, Borneo

マレーシアごはんツアー2018のクチンの旅で立ち寄ったマーケット発見したサラワク州特産のバリオの塩(Bario Salt)。

バリオの塩とは、源泉から作る山の塩。竹筒に詰めて炭火で焼くので筒形で炭の色がほのかな黒になる。クラビットとよばれる先住民族がつくる希少な塩で、舐めてみると塩味はしっかり。粒は小さくさらさらしている。資料によると、この塩は「しょっぱすぎない」「喉が渇かない」「昔は薬用としても使用」とのこと。

クチンで購入したおみやげ。中央、筒状になっているものがバリオの塩。ココナッツの葉で包まれ、ハスのツタでキュッとしばられている。塩も包むものもどちらもジャングルで入手できる

ほのかに燻したような香りがして、それがまたいい感じ。冷奴にもあいそう。料理上手のイスカンダーさんによると「1. Sarawak wild 黒胡椒をロースト 2. Sarawak cili padi(鷹の爪でもOK)乾燥したものを粉末 3. bario salt 4. 少々ウコン この4つをペーストにし、丸鶏にまぶして1~2時間おき、炭火で焼くと絶品!」とのこと。おいしそう! ボルネオのすばらしい自然に惹かれます。

関連記事

  1. ピサンゴレン
  2. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ…
  3. 世界も認めた「アッサムラクサ」を 東京のペナン料理専門店でいざ…
  4. チーチョンファン(KLバージョン)
  5. ナシレマッ完成写真とドリアン感想の紹介。8月30日・常夏の国マレ…
  6. 現地ごはんツアー(終了)「マラッカのプラナカン文化、ニョニャ料理…
  7. マレーシアごはんツアー2018年10月(満員御礼!)「ボルネオ島…
  8. ナシレマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  2. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  3. 募集中。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  4. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  5. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  6. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
  7. 福建麺
  8. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシレマッ」「サテー」販売スタート。
  9. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  10. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。