ごはん&麺

ビーフヌードル

Tangkat Beef Noodle 牛麺

これはBBQか?と思ったくらい牛肉が大きい麺

牛骨スープはコクがありながら、あと味さっぱり。毎日でも食べられます

いつも穏やかな笑みをたたえている同僚が、「マラッカに行くなら、この店に行って来て!」と、いつにない目力で力説した料理。クアラルンプールの屋台のビーフヌードルが牛そぼろを具にしているのとは違って、マラッカのこの店のビーフヌードルは、3センチ四方ほどの大き目にカットされた牛肉がどかーんとのっています。その牛肉がやわらかいこと!じっくり煮込まれたほろほろの牛肉に、キレ味すっきり爽やかなチリ酢をつければ、マジまいう!麺をすすると、あっさりのなかに牛骨でとったコクのあるスープがぴったり絡んでいて、今度は完全においしいノックダウン。どれくらい素晴らしいかというと、マレーシアに住んでいる4年間で、1滴も残さずにスープを飲み干した最初で最後の1杯なのであります。このマラッカのビーフヌードル、ジョホール州にあるタンカという街の名物で、このお店の本店もタンカにあり。このビーフヌードルがそこら中で食べられる街なんて、天国のようです。

Memo
ビーフヌードルに関わらず、友人や知り合いがすすめてくれた料理は、どれもとてもおいしい。好みは人それぞれ、というのに、今まで一度も外れたことがない。なぜだ?

Photo
マラッカ、マラッカの「Sup Lembu Tangkak」、5リンギット、2009年

関連記事

  1. クトゥパ
  2. ファッティーのチリクラブ
  3. クエゴヤン
  4. 福建麺
  5. アイスカチャン
  6. イポーヌードル
  7. フィッシュヘッドヌードル
  8. プルッインティ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催します
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。