ごはん&麺

ビーフヌードル

Tangkat Beef Noodle 牛麺

これはBBQか?と思ったくらい牛肉が大きい麺

牛骨スープはコクがありながら、あと味さっぱり。毎日でも食べられます

いつも穏やかな笑みをたたえている同僚が、「マラッカに行くなら、この店に行って来て!」と、いつにない目力で力説した料理。クアラルンプールの屋台のビーフヌードルが牛そぼろを具にしているのとは違って、マラッカのこの店のビーフヌードルは、3センチ四方ほどの大き目にカットされた牛肉がどかーんとのっています。その牛肉がやわらかいこと!じっくり煮込まれたほろほろの牛肉に、キレ味すっきり爽やかなチリ酢をつければ、マジまいう!麺をすすると、あっさりのなかに牛骨でとったコクのあるスープがぴったり絡んでいて、今度は完全においしいノックダウン。どれくらい素晴らしいかというと、マレーシアに住んでいる4年間で、1滴も残さずにスープを飲み干した最初で最後の1杯なのであります。このマラッカのビーフヌードル、ジョホール州にあるタンカという街の名物で、このお店の本店もタンカにあり。このビーフヌードルがそこら中で食べられる街なんて、天国のようです。

Memo
ビーフヌードルに関わらず、友人や知り合いがすすめてくれた料理は、どれもとてもおいしい。好みは人それぞれ、というのに、今まで一度も外れたことがない。なぜだ?

Photo
マラッカ、マラッカの「Sup Lembu Tangkak」、5リンギット、2009年

関連記事

  1. ヨントウフ
  2. アヤムゴレン
  3. テタレ
  4. クエラピス
  5. イポーヌードル
  6. チェンパダ・ゴレン
  7. バクテー
  8. オンデオンデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。