おかず

アヤムゴレン

Ayam Goreng

カリカリの皮にスパイスが集合。嚙むほどにアジアを感じる鶏の唐揚げ

マレーシアの鶏料理はおいしい。肉好きなら、鶏から攻めよ。

さまざまな宗教の人が暮らすマレーシア。食事の調理法や使うお肉は、それぞれの宗教のルールが反映されたものになっています。鶏はどんな宗教の人でも食べられるので、マレーシア人がよく食べるお肉といえば、鶏肉がNo.1。そのため、屋台やレストランは鶏料理に力をいれ、市場の競争原理で、鶏そのものの質もどんどんよくなっています。なので、マレーシアの鶏料理は、どこで食べてもほぼハズレなしなのです。さて、鶏料理といえばサテーやチキンライスを思い浮かべるかもしれませんが、たぶんサテーやチキンライスよりもマレーシア人がしょっちゅ食べているのが、この「アヤムゴレン」。アヤムとは鶏、ゴレンは揚げるという意味で、つまりは鶏の唐揚げ。マレーシア人も日本人なみに“鶏から”が大好きなんです。 特徴は、しっかり揚げられたカリカリの皮。かみしめるごとに、レモングラス、生姜、にんにく、カレーリーフなどの風味が豊かに広がり、これぞアジアの唐揚げ、という味。また“骨の周りの肉がおいしい”というマレーシアの美食原則にのっとり、骨付きの鶏肉を豪快に揚げているので、ケンタッキーぐらいの大きなサイズがほとんど。いつもお皿にのるとデカッ!と思うのですが、おいしいのでペロッと食べてしまいます。

Memo
アヤムゴレンは、マレーシア全土で食べられるポピュラーな料理。マレー系のレストランや屋台で提供され、味つけは店によっていろいろ。スパイスがきいたタイプ、黒醤油で漬け込んだコクのあるタイプ、ターメリックをまぶしたものなど、どれもおいしい。肉のジューシーさよりも、皮のカリカリ感が重視されてる。

Photo
日本在住ジジさんの家のアヤムゴレン。レモングラスの繊維がカリカリに揚がっていて、ひじょうに美味だった。上にのっているのは、素揚げしたカレーリーフ。

関連記事

  1. パンミー(スープ)
  2. クレイポットチキンライス
  3. バナナリーフカレー
  4. ナシチャンプル
  5. ナシゴレンパタヤ
  6. サテー
  7. オンデオンデ
  8. チェンパダ・ゴレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 全国のロイヤルホスト215店舗で「シンガポールフェア」開催中
  2. アジアごはんズVol.5(終了)今回は「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  3. 屋台祭り(募集中、今回は横浜です) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
  4. レポート。キッズベースキャンプにて子ども達にマレーシア・トーク
  5. クアラルンプール伊勢丹の「Nayuta」。マレーシア産のカカオを使ったチョコレートブランド
  6. 世界も認めた「アッサムラクサ」を 東京のペナン料理専門店でいざ実食!
  7. 屋台祭り(終了) 4月28日(土)「マレーシアンバーガーはすごい!」Malaysian Ramri burger and Pau Sambal
  8. Foodex Japan 2018 マレーシア関連ニュース
  9. クアラルンプールの紀伊國屋書店で『ナシレマ!』本、好評発売中
  10. カフェ「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」のメニューに「ナシレマッ」が登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。