おやつ

アパンバリ

Apam Balik

ピーナッツとコーン入りの半月型パンケーキ

ふかふかタイプはどらやき似で腹持ちも抜群

ふかふかの甘い生地のなかに具が入ったおやつ。半月型の具入りパンケーキといいますか、そうそう、どらやきにも似た系統です。パンケーキのトッピングといえば洋のクリーム、どらやきの具といえばの和の餡子ですが、このアパンバリのなかには香ばしいピーナッツとつぶつぶコーン。これがじつにマレーシアらしい! ピーナッツのカリカリ食感と香ばしさ。かむと甘い汁がぷちゅっと飛び出すコーン。とくにコーンはマレーシアではかき氷にもかならずのせるスイーツには欠かせない具で、フルーティーな味が慣れるとやみつきに。そこにバターを多めにのせて、甘じょっぱい具に仕上げます。アパンバリを販売しているのは、ナイトマーケット(パサマラム Pasar Malam)が一番多く、焼きたて熱々をほおばるのがベスト。大きさや生地にいくつかタイプがあり、厚みのあるふかふかタイプ、薄いクリスピータイプ。また、直径50センチぐらいに大きく焼いたものを切り分けて食べるタイプに、大判焼きのように小型のものなども。名前にある「バリ」とは、生地が焼けたら半分に折り返すことを「逆さま、後方に戻る」=マレー語のBali(帰るという意味もある)ということからつけられたそうです。(※apamとはふわふわしたものという意味だそう)

Memo
マレーシア全土で食べられる人気のお菓子。中国の福建省から渡ってきたお菓子ともいわれ、戦の際に食べやすいよう具を挟んだ形なのだとか。マラッカやペナンで食べられるニョニャ菓子ではBan Chien Koay バンチンクアイ(慢煎糕 ゆっくり焼いたケーキという意味)と呼ばれる。インドネシアやブルネイでも人気で、前者はTerang Bulan トゥランブラン(明るい月という意味)、ブルネイは Kuih Malayu(マラユのお菓子という意味)と呼ばれている。

Photo
ランカウイ、夜市にて、1個で1.5リンギットぐらい、2019年

関連記事

  1. フィッシュヘッドカレー
  2. ナシチャンプル
  3. ナシゴレンパタヤ
  4. プルッウダン
  5. 巨大カレーパン
  6. ペナンラクサ
  7. 海老麺 / 福建麺(ペナン)
  8. ピサンゴレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  2. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  3. ナシクラブ
  4. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  5. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  6. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  7. 4月開催決定・募集中です。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  8. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  9. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  10. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。