おやつ

アイスカチャン

Ice Kacang / Ais Kacang

豆、コーンなど具だくさんなかき氷。栄養のバランスも考慮済み?!

カラフルすぎる見た目に怖気づくなかれ。ほくほく豆入りで食べやすい

マレーシアのかき氷は、具だくさんでカラフル。これでもかっという具合にいろんな具が入っていて、まるで宝探しのようです。多彩なかき氷のなかで、いちばんポピュラーなのが「アイスカチャン」。カチャンとは豆のことで、豆入りのかき氷。日本の宇治金時にも小豆が入っていますが、アイスカチャンにおける豆の重要度は、宇治金時のそれを超えています。まず、豆の種類が多い。甘く煮た小豆、食べごたえのある金時豆、さらにカリカリにローストしたピーナッツも立派な“豆類”にカウント。豆以外の具は個性派ぞろいで、黄色に輝くとうもろこし、ほんのり苦い漢方系の仙草ゼリー、透明な木の実など。これらの食感も味も異なる具が、ひとつのかき氷として成り立っているのは、“豆類”の大きな包容力によるもの。豆、さすがです! アイスカチャンにはこんなにもたくさんの具が入っているので、ときどき「マレーシア人はかき氷で栄養補給しているのかも」と思います。実際、常夏の気候では、氷はあっという間に溶けて、砂糖水のなかに豆たちがぷかぷか浮いている状態に。かき氷、もとい、豆入りの冷たいジュースになっても楽しめるのは、具がたっぷり入っているから。そうか、具だくさんなのは、ひんやりおやつを常夏で楽しむための知恵だったんだ!

Memo
具入りのかき氷のことを「ABC」という。「Ais Batu Campur」の頭文字をとったもので、「アイスバトゥ」は「氷」、「チャンプルー」は「混ぜ混ぜ」。そのABCのなかのひとつが、アイスカチャン。具やシロップの種類は店によって異なり、シロップはローズ味やサーシ味がポピュラー。練乳をかけたり、アイスクリームをのせたりすると、割高になる。

Photo
イポー、3.5リンギット、2015年

関連記事

  1. ナシゴレンパタヤ
  2. ピサンゴレン
  3. ビーフヌードル
  4. バナナリーフカレー
  5. フィッシュボールヌードル
  6. ナシレマ
  7. 豚チャーシュー
  8. イポーヌードル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。