おやつ

バフル

Kuih Bahulu/ Kueh Bahulu

軽い食感のスポンジケーキでしっとりよりさっくり食感

見た目がかわいい。また意外に日持ちがするので、おもたせにマル

球体を半分にぱかっと割ったような形で放射線状のラインが目印。ちょうど手のひらにのるぐらいのサイズのスポンジケーキが「バフル」だ。とってもポピュラーなお菓子で、何度か食べたことはあるが、正直に告白すると、まだ味の正解がつかめていない。現地のレシピ本には、「小麦粉と卵、砂糖で作られるフランス菓子のマドレーヌに似たお菓子」と紹介されているけど、今まで食べた感想でいえば、バフルにマドレーヌ感はあまりなかった。私が食べたものでいえば、外側は固めで、中は空洞がぽこぽこ空いているような軽い食感。しっとり系のスポンジケーキと軽いくちどけのメレンゲクッキーの間のような感じだった。

ここからは、あくまでも想像になるけど、バフルは祭りの時期によく食べる。なので、祭りの時期のスーパーで見かけることが多く、同じ祭り用のお菓子であるクッキーの近くに置いてある。つまりバフルもクッキーぐらい日持ちのするお菓子として売られているのだ。これは2,3日しか日持ちのしないマドレーヌとは大違いで、そもそもお菓子界のなかでの立ち位置が違うのでは、と思う。ちなみに、名前のバフル「bahulu」は、bau(香り)、dari(~から)、hulu(距離)という3つのマレー語からきているそうで、“遠方からの香り”というなんともロマンチックな名前。

memo
マレーシアの小麦粉でつかった焼き菓子全般は、ヨーロッパ由来のお菓子といわれる。各家庭にオーブンが無いころの調理法は、型に生地を流し込み、下は炭、上はヤシの実の皮を燃料にして焼く。田舎では、今でもこのような伝統的な調理法でバフルを作ることがある。

Photo
KLからマラッカへ向かう高速道路のサービスエリアにて、写真の1パックで(約25個入り)で10リンギットぐらい、2013年

関連記事

  1. チーチョンファン(KLバージョン)
  2. プルッウダン
  3. アヤムゴレン
  4. ロジャ(果物バージョン)
  5. バナナリーフカレー
  6. ジョホールラクサ
  7. ナシクラブ
  8. バクテー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシア文化オンライン講座_第3期募集中(2021年8月~9月)
  2. ペナンより中継!タリナ先生に習う、人気スイーツ「サゴ・グラマラッカ」の作り方(7月25日・参加費無料)。Online cooking class, Sago Gula Meraka from Penang
  3. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  4. 「普通車が豚肉専門店。店主とのやりとりで学んだこと」 タンマリのコラムVol.12
  5. 虜になる発酵食品 マレーシア文化通信No.28
  6. シェア会開催。マレーシア文化通信【WAU_Vol.28】伝統楽器サペ奏者、発酵食品、雑貨
  7. (MCO中にて、日時調整中)マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第2期(ペナンから中継)
  8. プレミアム・フードショー2021、マレーシアのブースが盛況!
  9. レポート。マレーシア料理・ライブレッスン(4月期・終了)
  10. 「名代 富士そば」に「ラクサそば」が登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。