おやつ

バフル

Kuih Bahulu/ Kueh Bahulu

軽い食感のスポンジケーキでしっとりよりさっくり食感

見た目がかわいい。また意外に日持ちがするので、おもたせにマル

球体を半分にぱかっと割ったような形で放射線状のラインが目印。ちょうど手のひらにのるぐらいのサイズのスポンジケーキが「バフル」だ。とってもポピュラーなお菓子で、何度か食べたことはあるが、正直に告白すると、まだ味の正解がつかめていない。現地のレシピ本には、「小麦粉と卵、砂糖で作られるフランス菓子のマドレーヌに似たお菓子」と紹介されているけど、今まで食べた感想でいえば、バフルにマドレーヌ感はあまりなかった。私が食べたものでいえば、外側は固めで、中は空洞がぽこぽこ空いているような軽い食感。しっとり系のスポンジケーキと軽いくちどけのメレンゲクッキーの間のような感じだった。

ここからは、あくまでも想像になるけど、バフルは祭りの時期によく食べる。なので、祭りの時期のスーパーで見かけることが多く、同じ祭り用のお菓子であるクッキーの近くに置いてある。つまりバフルもクッキーぐらい日持ちのするお菓子として売られているのだ。これは2,3日しか日持ちのしないマドレーヌとは大違いで、そもそもお菓子界のなかでの立ち位置が違うのでは、と思う。ちなみに、名前のバフル「bahulu」は、bau(香り)、dari(~から)、hulu(距離)という3つのマレー語からきているそうで、“遠方からの香り”というなんともロマンチックな名前。

memo
マレーシアの小麦粉でつかった焼き菓子全般は、ヨーロッパ由来のお菓子といわれる。各家庭にオーブンが無いころの調理法は、型に生地を流し込み、下は炭、上はヤシの実の皮を燃料にして焼く。田舎では、今でもこのような伝統的な調理法でバフルを作ることがある。

Photo
KLからマラッカへ向かう高速道路のサービスエリアにて、写真の1パックで(約25個入り)で10リンギットぐらい、2013年

関連記事

  1. ナシミニャ
  2. ナシゴレンパタヤ
  3. チキンライス
  4. アヤムゴレン
  5. ケダラクサ
  6. アパンバリ
  7. 海老麺 / 福建麺(ペナン)
  8. プルッウダン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。