おやつ

バフル

Kuih Bahulu/ Kueh Bahulu

軽い食感のスポンジケーキでしっとりよりさっくり食感

見た目がかわいい。また意外に日持ちがするので、おもたせにマル

球体を半分にぱかっと割ったような形で放射線状のラインが目印。ちょうど手のひらにのるぐらいのサイズのスポンジケーキが「バフル」だ。とってもポピュラーなお菓子で、何度か食べたことはあるが、正直に告白すると、まだ味の正解がつかめていない。現地のレシピ本には、「小麦粉と卵、砂糖で作られるフランス菓子のマドレーヌに似たお菓子」と紹介されているけど、今まで食べた感想でいえば、バフルにマドレーヌ感はあまりなかった。私が食べたものでいえば、外側は固めで、中は空洞がぽこぽこ空いているような軽い食感。しっとり系のスポンジケーキと軽いくちどけのメレンゲクッキーの間のような感じだった。

ここからは、あくまでも想像になるけど、バフルは祭りの時期によく食べる。なので、祭りの時期のスーパーで見かけることが多く、同じ祭り用のお菓子であるクッキーの近くに置いてある。つまりバフルもクッキーぐらい日持ちのするお菓子として売られているのだ。これは2,3日しか日持ちのしないマドレーヌとは大違いで、そもそもお菓子界のなかでの立ち位置が違うのでは、と思う。ちなみに、名前のバフル「bahulu」は、bau(香り)、dari(~から)、hulu(距離)という3つのマレー語からきているそうで、“遠方からの香り”というなんともロマンチックな名前。

memo
マレーシアの小麦粉でつかった焼き菓子全般は、ヨーロッパ由来のお菓子といわれる。各家庭にオーブンが無いころの調理法は、型に生地を流し込み、下は炭、上はヤシの実の皮を燃料にして焼く。田舎では、今でもこのような伝統的な調理法でバフルを作ることがある。

Photo
KLからマラッカへ向かう高速道路のサービスエリアにて、写真の1パックで(約25個入り)で10リンギットぐらい、2013年

関連記事

  1. クエカペ
  2. クエゴヤン
  3. ケダラクサ
  4. ナシチャンプル
  5. テタレ
  6. ニョニャラクサ
  7. マンゴーロー
  8. プルッウダン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  2. 参加者募集! 2月7日、Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(マレーシアとシンガポールの2種)
  3. 参加者募集中!オンライン・屋台祭り(1月31日)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  4. 福建麺
  5. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシレマッ」「サテー」販売スタート。
  6. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  7. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10
  8. 海老麺 / 福建麺(ペナン)
  9. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  10. 「華人文化、中元节の儀式」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.09
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。