ごはん&麺

海老麺 / 福建麺(ペナン)

Hae Mee / Hokkien Mee / Prawn Noodle

海老のうま味をこれでもかっ!ときかせた贅沢な味

赤い色のスープは辛そうに見えますが、そうでもないので安心を

写真を見て、「海老麺」といいつつ海老がのってないね、と思うなかれ。ひと口スープを飲んだらわかります。口のなかで広がる風味はまさしく海老! 干し海老、海老の殻から取っただし、ときに海老のミソも煮込まれた濃厚スープで、海老を食べるよりも胃袋全体にしみわたる海老の奥深さ。そこに食欲をそそる唐辛子のスパイシーさを重ねたスープの絶妙さたるや、やみつき度満点。実際、多彩にあるマレーシアの麺のなかで「海老麺がイチバン好き!」という熱烈サポーターがたくさんいます。さて、わたしが海老麺のおいしさに目覚めたのは、ペナンに旅をしたとき。ペナンでは海老麺を「(プロウンヌードルではなく)ホッケンミー」とよび、クアラルンプールよりも専門店が多数。そのため地元の人の舌も肥えています。食べてみると、まず感じるのはスープの抜群の香りのよさ。海老ってこんなにいい香りだったのね~。さらに驚いたのは麺で、1杯の丼のなかに、卵麺(イエローミー)とビーフンの2種の麺をミックスするのがお約束。卵麺のコシ、ビーフンのつるっとしたのどごしの両方を味わうことができ、最後までおいしさが飽きません。具は小海老、ゆで豚、青菜で、このシンプルさも濃厚スープにぴったりでした。みなさんペナンに行ったら、ぜひ海老麺を。

Memo
漢字表記で「海老麺」、中国語読みで「ハーミー」、ペナンでは「ホッケンミー」、英語は「プロウンヌードル」となる。このように、同じ料理にいろんな名前がついているというのは、それだけ多数のエリアで、多数の民族に愛されているという証。

Memo
海老麺には、もうひとつ味の決め手があり、それはフライド・オニオン。「バワンメラ」(タイ語はホムデン)とよぶ小さな玉ねぎを薄切りにして揚げたもので、これをトッピングすると香ばしさとコクが各段にアップ。

Photo
ペナン、ホッケンミー専門店、5リンギットぐらい、2015年

関連記事

  1. テタレ
  2. クエベンカン
  3. ビーフルンダン
  4. ピーナッツトンスイ
  5. カレーパフ
  6. クレイポットチキンライス
  7. クエカペ
  8. サンハーミー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. アーカイブ動画公開。堺市アセアン交流事業とコラボの料理教室開催!タリナ先生の「チキンライス」の作り方
  2. 終了。麺好きの方に。オンライン・セミナー(11月20日・無料)魅惑のマレーシアヌードルの世界。Tasty Tasty !! Malaysian noodle
  3. 終了。ニョニャ・ラクサ。マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  4. マレーシアの米料理 Nasi in Malaysia
  5. 終了。11月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第2期(ペナンから中継)
  6. 日本で初体験! マレーシア産のフレッシュドリアン「雷神(D24)」
  7. マレーシア食品が充実!オンラインショップ「ハラル・トゥ・ゴー Halal 2 Go 」
  8. 日本でマレーシアの味を楽しもう。調理ソースから胡椒まで揃う「マイキッチン My Kithen」ブランドに注目!
  9. 終了。オンライン・屋台祭り(9月23日)辛いのがうまい。マレーシアの味。Spicy foods from Malaysia
  10. マレーシアのカレーを知ろう!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。