ジャーナル

「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10

マレーシアのリアルな生活事情(今回はタンマリの朝について)。華人系の嫁タンマリが、現地で暮らして感じたこと、自分のなかの変化、周りの人との関係などをつれづれに語ります。

日本人タンマリ。ダーリンは華人系マレーシア人。2018年の4月1日より、ダーリンの実家であるマレーシアのジョホールに子ども3人と移住。義父(タンpapa)、義母(タンmama)、義姉、長女8歳、次女5歳、坊3歳と計7人暮らし。ダーリンは日本で仕事。
 この連載について / タンマリと家族のプロフィール

Tanmari’s diary in Johor,

私が、朝食にナシレマッを年間300日以上食べるわけ

7.Dec.2020 : Morning routine

text and photo by Tanmari

 今回は、私のモーニングルーティーンと朝食についてのお話し。上の写真は、年間250日以上(ほとんど毎日!)通っている屋台の様子。平日は次女と私のふたり、休日は長女も入れて3人(上の写真)で訪れる。なぜ私が屋台で朝ごはんを食べるのか。それはおいしいからだけではない。その理由も合わせて、タンマリの朝を時系列で紹介します!

・AM4:45  起床。外は真っ暗。でもマレーシアは南国なので気温的には起きやすい。
・AM5:00  オンライン英会話(25分)をする。この時間にレッスンを入れておくと、「よし起きるぞ!」という気合いになる。つまりはモーニングコール替わり。
・AM5:30  朝食用のお粥(長女、義姉、義母、坊の分)を炊く。
・AM5:45  Youtubeでヨガなどの運動(45分)をする。
・AM6:20  自分の身支度(10分)。
ここまでがひとりタイム。この早朝の時間が今の私にはとても貴重。家族は2階で寝ているので、1階のリビングでひとり、自分のために時間を使うのだ。

そしてこれからは家族タイムスタート。

・AM6:30  長女を起こして、着替えを手伝う。
・AM6:40  長女、朝食のお粥を1人で食べ始める。なぜこの時間かというと、マレーシアの小学校は朝が早いから。現在、長女の学校は7時半が始業時間である。(ちなみに、朝食が早朝過ぎるため、長女の学校では、朝10時ごろに軽食タイムがある。買ってきたおやつを食べたり、わが家では、おにぎりやパンなどを持たせている)
AM6:45  次女を起こして、着替えの手伝い。
AM7:10  長女、次女とともに、私の運転で学校へ。
AM7:15  長女、学校に到着。
AM7:25  ここから、最初に紹介した屋台(現地ではコピティアムとよぶ)へ。次女の幼稚園の登園時間8時までが、私と次女の朝食タイムになる。

 ここが行きつけの屋台。わが家から直接くると車で3分のご近所さん。席を確保して「ナシレマッ」と「カヤトースト」を注文(最近では、店主が私の顔を見るだけで、このメニューを運んでくれるようになった!)したらトイレへ。次女の洗面、トイレ、髪をとかしてあげる。

 つまり、私がこの屋台に行く理由、その1は、次女の身支度ができるから。トイレがとってもきれいなんです(マレーシアでは珍しい)。

 正直、朝の超あわただしい時間のなかで、長女と次女の両方の世話をするのは、とうてい無理。そのため、ここで次女の世話ができるのは、かなりの利点。店主のおじさんとも顔なじみだし、安心。

 「ナシレマッ」は、おにぎりのように三角に包まれてカゴに入っている(奥のカゴ)ので、これをとって席で食べるだけ。注文後の待ち時間が無い手軽さもマル。

 そして、もうひとつ。この屋台時間を大事にしている理由は、次女と私のふたりっきりの時間が作れるから。家ではどうしても坊に手がかかるし、ほかの家族もいて、次女とふたりで向き合う時間がとれない。だから、この時間が貴重なのだ。

 また、あえて朝食を屋台で食べるというルーティンを作ったことで、朝の行動がスムーズになった。着替て外に出ると、子どもは自然に起きるしね。

 日本で暮らしていたときは、毎日子どもと外食、それも朝食に外食だなんて、あり得ないことだった。でもここでは、子ども連れで屋台にいくのは当たり前だし、朝から屋台も日常にあること。もちろん、家で食べている人もいるし、外で食べてもOK。こんなふうにいろんな選択肢があるというのはいいな、と思う。心の保険といってもいい。

 左が、私が頼む紅茶とナシレマッで、次女はカヤトーストと温泉卵。料金は、日本円にして、ぜんぶで300円ぐらい。

 ちなみに、私も次女も、食べ方に決まりがあって、かならず温泉卵を追加する。これは、親戚のおじさんの食べ方で、これがめちゃうま。とろとろの温泉卵を崩しながら食べれば、毎日食べても飽きないおいしさだ。

 左がオリジナル。真ん中に穴をあけて、温泉卵を入れたら、少しずつ崩しながら食べる。長女はミーフン(炒めたビーフン)がお気に入りで、これも同じ食べ方をする。

 次女はカヤトースト(バター抜き)&温泉卵がお気に入り。パンの形状は、食パンにしたり、丸パンにしたり、トーストか蒸しか、その日の気分で決めている。

 さて、屋台朝食が終わるとこうなる。

・AM7:45  朝食終了
・AM7:50  幼稚園近くの公園で軽い散歩。公園にいる猫を可愛がる。私たちは「おそばちゃん」「おあげちゃん」と呼んでいる。

AM8:15  次女、幼稚園登園。
AM8:30  私、公園をウォーキングをしながら、日本で暮らすダーリンと電話。
AM9:00  車内でオンライン英会話(25分)。
AM9:30  家に帰ると、坊がタンmamaと起きてくる。
AM10:00  日本語教師の仕事や家事でここからは怒涛に過ぎていく……。

 これがタンマリのモーニングルーティンである。朝、かなり頑張っているので、正直、10時以降は腑抜けである、笑。END

★お知らせ★
note で連載しています! コメント、いいね!お待ちしています。

タンマリ@マレーシアど田舎華人嫁(三年目)

text and photo by Tanmari edit by Oto

関連記事

  1. マレーシアカレーについて比較考察  Malaysian Chic…
  2. フェスティバル/トーキョー2016にて「Nadirah」を観劇
  3. 参加型オンライン・屋台祭り(29日)自宅でマレーシアの名物料理を…
  4. 書籍『マレーシア 地元で愛される名物食堂』出版 released…
  5. 生ココナッツを販売する「ココクレイズ」。青山から新宿駅近に移転
  6. レポート。11月28日(木)マレーシア料理教室(終了) は発酵調…
  7. J-WAVE「ACROSS THE SKY」にてマレーシアの食文…
  8. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」ニョニャ・ワンプレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  2. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  3. ナシクラブ
  4. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  5. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  6. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  7. 4月開催決定・募集中です。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  8. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  9. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  10. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。