ごはん&麺

ケダラクサ

Laksa Kedah

スープがグレー系で見ためは素朴。食べてみれば魚のうま味たっぷり

熱風が吹く屋外でもするする食べられる酸味のあるラクサ

魚だしに酸味を加えたさっぱりした味。スープというより、つゆだく麺のような感じで平皿で提供。というのもこのラクサはマレー系が作る麺で、箸ではなくスプーンですくって食べます。米の丸太麺は短めでスプーンにのせやすく、食感はやわらか。具はきゅうりとゆで卵。魚が丸一尾のったタイプ(Ikan Sekoq 写真)もあり、こちらは豪華版です。酸味はペナンラクサと同じで果物を乾燥させたAsam Gelugor(アッサム・グルーゴ / アッサム・クピン、またはタマリンド)によるもの。スープにはペーストにした魚の身がそのまま入っていてうま味たっぷり。
さて、このラクサを初めて食べたのはマハティール首相の出身地、ケダ州アロースター。人気店は郊外にあったので、タクシーでお店へ。1杯の麺のためにタクシーで駆けつけるとはたいそうぎょうぎょうしい話しだけど、地元の人がすすめる店はたいてい中心地から離れているのでマレーシアではよくあること。食べてみたら、タクシー万歳!おいしかった!  次に食べたのもランカウイ空港から車で向かった海沿いの屋台。海を眺めつつの一杯。これも最高! 漁師がつくる魚汁のような素朴なラクサ。ケダ州の自慢の麺です。

Memo
ケダラクサ(ちなみに便宜上こう呼んでいるが、地元の人はケダをつけず単に“ラクサ”とよぶ)は専門屋台やナイトマーケットで提供。スープの香り付けにダウンクスンDaun KesomとブンガカンタンBunga Kantan、具にプチュジャングスPucuk Janggus(カシューナッツの新芽)というハーブを加えることも。家庭で作ることも多い。

★マレーシア全体のラクサ事情(たくさんあります!)はこちらの記事へ。

photo
ケダ州、アロースター、5リンギット程度、2016年

関連記事

  1. タパイ
  2. クエラピス
  3. チャークイティオ
  4. カヤトースト
  5. ロジャ(揚げ物バージョン)
  6. ドドル
  7. チーチョンファン(KLバージョン)
  8. クトゥパ

おすすめ記事

  1. タパイ
  2. ロントン
  3. マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継・11日、25日開催分、前日まで申し込み可です)
  4. 6月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第3期 参加者募集します!(ペナンから中継)
  5. クトゥパ
  6. マレーシアのニョニャ料理、おすすめ18選。カラフルなプラナカン文化より
  7. マレーシアのニョニャ料理とは。カラフルなプラナカン文化より
  8. レマン
  9. ハリナシバチのはちみつ。味がいろいろって本当?
  10. Foodex Japan 2022 マレーシア関連ニュース
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。