おやつ

ピーナッツトンスイ

Tong Sui Peanut 糖水花生

摩訶不思議なピーナッツのおやつ

和菓子好きの人に挑戦してほしい、新感覚のおしるこ

トンスイ(糖水)とは、汁もの系デザートの総称です。日本のおしるこ、ぜんざいもマレーシアではトンスイです。トンスイの種類は驚くほど豊富。砂糖水に白キクラゲ、銀杏、ドライフルーツを浮かべたもの、黒胡麻をペースト状にして煮つめたもの、サツマイモをココナッツミルクで茹でたもの。温かいまま食べたり、冷やして食べたり、サラサラな口あたりだったり、濃厚だったり、と、好みのトンスイを探して食べまくると、確実に3キロは太りそうです。さて、わたしにとって忘れもしないトンスイは、ピーナッツのトンスイ。見た目は、まさしくピーナッツバター。激甘なのを覚悟して口に入れると、あれ……?確かに甘いし、見た目どおりピーナッツバターのような味。ところが、あと味が信じられないくらいサッパリしてるんです。一瞬にして甘さが消え、甘ったるさは一切無し。はてはて、どうしたらこんな味になるのか今でも不思議でなりません。

Memo
トンスイは、中国系の経済飯屋台で売っています。屋台のトンスイは、作りたて、保存料無し。家庭でつくるお菓子のような素朴な味です。

Photo
クアラルンプール、「記得食(Kei Tak Zek)」、2リンギット、2010年

関連記事

  1. チキンライス
  2. ロジャ(揚げ物バージョン)
  3. 点心・飲茶
  4. ペナン・アッサムラクサ
  5. ナシカンダー
  6. アイスカチャン
  7. ポークボールミー
  8. 豚チャーシュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。