ごはん&麺

チャークイティオ

Char kway Teow 

海老、腸詰め、卵。具だくさんな豪華焼き麺

コクのある辛味と香ばしいにんにく味。男性のファン多し

マレーシア全土で食べられている人気の麺。「チャー」は炒める(中国語)、「クイティオ」は米の麺を指します。幅広の米麺は、日本のきし麺よりもモッチリネットリしていて、それを香ばしい辛味調味料であるサンバルソースで炒めたものがチャークイティオ。日本の焼きそばぐらいメジャーな料理です。忘れられない味は、ブキビンタンにある屋台。どこからどう見ても、ふつうの小汚い(失礼)屋台なのですが、香港の有名歌手が訪れたという噂があるほどの人気店。運ばれてきてびっくり、とにかく具が贅沢なんです。プリプリ食感の大ぶりの海老、脂がじゅわっと染み出る腸詰め、味の濃い赤貝、シャキシャキのもやし、ふわふわのとき卵。そして食べ進めるごとに口の中で存在を主張するこのカリカリ感……ん?豚の脂身だ!揚げた3ミリ角の豚の脂身が、隠れキャラのようにときどき出現し、カリッと噛めばジュワッと脂が溶け出します。うまし! よくよく考えたら、油をたっぷり吸った麺に、豚の脂身がのっているわけですから、鼻血が出そうなくらいハイカロリーなひと皿ですが、おいしいので目をつぶります。

Memo
どの屋台群にもあるチャークイィテオですが、味はてんでバラバラ。油っこかったり、具がおそまつだったりと失敗もあります。注文客の多い店で頼めば、たぶん大丈夫。またペナン発祥の料理と言われ、ペナンの屋台はどこで食べてもおいしいです。

Photo
クアラルンプール、クポンの小さな屋台、3.5リンギット、2009年

関連記事

  1. 蟹の塩卵ソース炒め
  2. フィッシュヘッドヌードル
  3. パンミー(スープ)
  4. アイスカチャン
  5. チェンパダ・ゴレン
  6. ナシチャンプル Vol.2
  7. 粥(広東系)
  8. ポークボールミー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. Foodex Japan 2018 マレーシア関連ニュース
  2. クアラルンプールの紀伊國屋書店で『ナシレマ!』本、好評発売中
  3. 屋台祭り(募集中) 4月28日(土)「マレーシアンバーガーはすごい!」Malaysian Ramri burger and Pau Sambal
  4. カフェ「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」のメニューに「ナシレマッ」が登場!
  5. 販売書店が増えました! アマゾンでも好評販売中! 本『ナシレマッ!』出版のお知らせ released a book ‘NASI LEMAK’
  6. アジア4か国食べ比べ「カレー・パラダイス」 レポート
  7. 日本初のコンサート(終了)。マレーシア人歌手、光良氏が大ヒット曲「童話」にこめた思い。JAPAN First Concert 18th.March.2018
  8. 屋台祭り(終了) 3月25日(日)「俺のマレーシア菓子祭り」Malaysian kopitiam festival, Kuih mui and Mee Sambal
  9. マレーシア文化通信【WAU_Vol.15】リリース!
  10. 食事イベントVol.28(レポート)2月17日(土) ヤ~ムセン! 春節のお祝い料理「イーサン」で2018戌年の福を願おう
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。