おやつ

トゥプンプリタ

Tepung Pelita 

葉っぱに包まれたやわらかプリン。白の下は緑です

ふるふるっ、まるでとろける食感。とくにココナッツミルク好きには至福

可愛らしい笹船のような見た目のお菓子。白いのはココナッツミルク、その下はパンダンという香りのいいハーブで色付けした緑の層。やわらかいふるふる食感で、スプーンですくって食べます。味は、ココナッツミルクのクリーミーさに、ほっこりとしたパンダンの香りで、ゆるめのプリンのような感じです。さて、はじめてトゥプンプリタを食べたのは、マレー半島北東部にあるコタバルという海辺の町。レストランの奥にあったお菓子コーナーに並んでいて、ひとめ見た瞬間釘付けに。なんて可愛い見た目! 食べてみると、マレーシアのローカル菓子では初めて体験するとろけるやわかさ。甘さもちょうどよくて、即お気に入りのお菓子になりました。その後、クアラルンプールの菓子店でも販売していることを知ったときはうれしかったな~。ちなみに、トゥプンとは粉、プリタとはランプのこと。真っ白な見た目が光るランプのようだから。また、ココナッツミルクをトッピングする際、オイルランプがにじんでいる様子に似ているから、という説もあるとか。

Memo
マレーシア全土で食べられる。夜市のお菓子コーナー、ショッピングモールの菓子専門店などで提供。

Memo2 
よく似たお菓子に クエタコ kuih tako というのがある。こちらは米粉を使用するトゥプンプリタに対して、緑豆を使用し、食感のいいクワイ入り。ニョニャ菓子の1種。(わたし自身は未体験)

Photo
コタバル、レストラン「YATI」にて(アイキャッチ画像は市内の夜市)、1個で1リンギットぐらい、2013年

関連記事

  1. チリパンミー
  2. バクテー
  3. アヤムゴレン
  4. ナシゴレン
  5. ワンタンミー(ドライ)
  6. チェンドル
  7. プトゥバンブ
  8. パンミー(スープ)

コメント

    • Taeko
    • 2020年 7月 02日

    はじめまして!
    夫の仕事でマレーシアへ来て、2年目になる者です。
    食文化には自身の味覚に革命が起きる程の衝撃を受け、
    今は特にバティック生地が気になり、その文化を知りたくて、、
    ネットサーフィンの日々です。
    そんな時にこちらを知りました。
    素晴らしい女性方がいらっしゃるんだなと、
    電撃が走るほど、今、主様のブログなどを拝見して
    感銘を受けています。。。

    遅いくらいだと思うのですが…

    是非、書籍の購入、ナシレマッ!の方も。
    WAUも読んでみたい。。書籍は紀伊国屋にありますか?
    WAUのありかを知る方法はありますか?!

      • oto
      • 2020年 7月 03日

      こんにちは、編集人の音(オト)です。マレーシアにお住まいなのですね。見つけていただき、うれしいです。
      マレーシアでしたら、クアラルンプールの紀伊國屋書店(KLCC)に『ナシレマッ!』「地元で愛される名物食堂」の書籍、マレーシア文化通信『WAU』もすべてございます! WAUは過去誌もあるかもしれませんので、店長の矢田様にひとことお声がけしてみて下さい。音から聞いた、と言ってくだされば、ごぞんじです。マレーシア生活、楽しんでくださいね。これからもよろしくお願いします。音

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  2. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  3. ナシクラブ
  4. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  5. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  6. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  7. 4月開催決定・募集中です。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  8. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  9. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  10. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。