おやつ

クエシプ

Kuih Siput

カレーリーフの香ばしさが絶妙のカリカリスナック

日持ちがするので、ちょっとずつポリポリできて重宝

ちっこい貝殻型のスナック。しょっぱい系のおやつで、かむとカリッとした音が軽快にひびく、しっかりめの食感が特徴です。生地にはスパイスがねり込まれていて、カレーリーフと唐辛子は必須。レシピによっては、フェンネル、ブラックペッパー、にんにく、煮干しなどを加えることもあります。カレーリーフは生地内に加えて外側にもパラり。カレーリーフの香ばしさ、そして唐辛子のじわっとくる辛味が、ポテチ並みのやみつき感です。さて、この形、なにか見たことありませんか。ほら、イタリアのショートパスタ、ニョッキ。貝殻型ニョッキとつくり方もまったく同じで、ギザギザのある板“クエシプボード”に生地を押し付けるようにしてくるっと丸め、形作ります。これをひとつひとつ作るので、気の遠くなるような細かい作業。たとえ熟練の技をもつ人でも、1キロの生地を作り上げるのに2.5~3時間ほどかかるとか。これを油でカラッと揚げれば完成です。日持ちがするので、おみやげにもおすすめです。

Memo
Siput シプッとはマレー語でかたつむりや巻貝のこと。とても手間のかかるおやつなのに、中には500gでRM13~20(400~600円)という安さのものも。買う方はうれしいけれど、作り手の作業時間を考えると、なんとも、なんとも……。

Photo
ランカウイ、料理上手のイナさんの手作り、2019年

関連記事

  1. チリパンミー
  2. チキンルンダン
  3. トゥプンプリタ
  4. クトゥパ
  5. ナシダガン
  6. ヨントウフ
  7. クエベンカン
  8. ロントン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。