おやつ

クエシプ

Kuih Siput

カレーリーフの香ばしさが絶妙のカリカリスナック

日持ちがするので、ちょっとずつポリポリできて重宝

ちっこい貝殻型のスナック。しょっぱい系のおやつで、かむとカリッとした音が軽快にひびく、しっかりめの食感が特徴です。生地にはスパイスがねり込まれていて、カレーリーフと唐辛子は必須。レシピによっては、フェンネル、ブラックペッパー、にんにく、煮干しなどを加えることもあります。カレーリーフは生地内に加えて外側にもパラり。カレーリーフの香ばしさ、そして唐辛子のじわっとくる辛味が、ポテチ並みのやみつき感です。さて、この形、なにか見たことありませんか。ほら、イタリアのショートパスタ、ニョッキ。貝殻型ニョッキとつくり方もまったく同じで、ギザギザのある板“クエシプボード”に生地を押し付けるようにしてくるっと丸め、形作ります。これをひとつひとつ作るので、気の遠くなるような細かい作業。たとえ熟練の技をもつ人でも、1キロの生地を作り上げるのに2.5~3時間ほどかかるとか。これを油でカラッと揚げれば完成です。日持ちがするので、おみやげにもおすすめです。

Memo
Siput シプッとはマレー語でかたつむりや巻貝のこと。とても手間のかかるおやつなのに、中には500gでRM13~20(400~600円)という安さのものも。買う方はうれしいけれど、作り手の作業時間を考えると、なんとも、なんとも……。

Photo
ランカウイ、料理上手のイナさんの手作り、2019年

関連記事

  1. アパンバリ
  2. ワンタンミー(ドライ)
  3. トゥプンプリタ
  4. ビーフヌードル
  5. クエケタヤップ/クエダダ―ル
  6. バフル
  7. カレーラクサ
  8. アヤムゴレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  2. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  3. ナシクラブ
  4. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  5. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  6. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  7. 4月開催決定・募集中です。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  8. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  9. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  10. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。