ペナン・アッサムラクサ

DSC_0470

Penang Asam Laksa

強烈な匂いに最初は撃沈。でも本場ペナンで食べたら…やみつきに

魚好きで酸っぱい料理が好きな人に

サバやアジなど青魚の身をミキサーで豪快にジュースにし、そのままスープに使った麺料理。スープというより、かみかみしたくなるくらい食感のある魚汁です。アッサムというのは酸味のことで、ドライフルーツAsam Gelugor(アッサム・グルーゴ or アッサム・クピン)によるもの。そこに唐辛子のピリリとした辛さがプラスされ、魚・酸・辛が一体となった、なんとも表現しがたい、複雑で奥深い味です。で、とにかく強烈なのが匂い。魚汁の上からかける、アミ海老を発酵させて作るペーストOtak Udang(オタウダン)の匂いなのですが、これがお店の数十メートル先から匂うこと、匂うこと! じつはクアラルンプールにいた頃はちょっと苦手で、これを「好き!」とおっしゃる人を尊敬のまなざしで眺めておりました。ところがどっこい、アッサムラクサの本場である、ペナンの屋台で食べたら、これがとってもおいしい! 匂いはそこまで強烈でないし、ミョウガにそっくりのハーブが爽やか。本場はやっぱり違いますね~。アメリカのニュース局CNNのアジアサイトが、2011年、世界の美食ランキング第7位に認定した料理。初めて体験するなら、ペナンで食べて欲しい料理です。

Memo
ペナンが本場だが、マレーシア全土でアッサムラクサは食べられる。汁が少なくあえ麺のようなものや、家庭で作ることも多い。専門屋台、ナイトマーケット、マレーシア料理を扱うレストランで提供。

photo
ペナン、アイルイタム、3.5リンギット、2013年

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。