おやつ

カヤトースト

Kaya Toast 

炭火で炙ったパンと4時間火にかけたジャム

ココナッツジャムの甘い朝ごはん。おやつにもぴったりです

カヤトーストとは、薄切りの食パンをトーストし、カヤジャムとバターを塗って食べる朝ごはんです。こう説明すると、喫茶店の気軽なモーニングのようですが、このメニューにかけるマレーシア人の情熱は半端ないんです。食パンは香ばしくするために炭火で焼くのがオリジナルで、カヤジャム(写真手前のキャメル色のもの)はお店で手作り。カヤジャムとは、ココナツミルクと卵でつくるジャムで、プルンとした食感、カスタードクリームと練乳の中間のような優しい甘みが特徴。作り方は、すくなくとも4時間は火にかけ、卵が分離しないように絶えずかき回す、という肩コリ必須の重労働を要します。多くのマレーシア人が好物なカヤジャム、商品化してスーパーで売られていますが、やっぱり専門店の手作りジャムがおいしいです。レジ横に瓶詰のジャムが数個売られていたり(賞味期限は3日~2週間)、夜市の小さなブースで販売されていたり。今もなお、作った人から直接買う、という幸せなおいしさを提供しています。

Memo
カヤパンは、カヤジャムの甘みとバターの塩気が絶妙。バターはあえて溶かさず、厚切りのままにカロリー度外視でかぶりつくのがマレーシア流。これに温泉卵を追加で注文し、温泉卵にカヤトーストを浸しながら食べるのもまたよい。

Photo
クアラルンプール、LRTダンワンギ駅から徒歩10分の「ユッキー」レストラン、1.8リンギット、2009年

関連記事

  1. テタレ
  2. ナシレマ三角
  3. バナナリーフカレー
  4. 蟹の塩卵ソース炒め
  5. アヤムゴレン
  6. 豚チャーシュー
  7. オンデオンデ
  8. ファッティーのチリクラブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。