ピックアップ

カヤジャムのレシピ 2バージョン

ココナッツミルクのスプレッド「カヤジャム Kaya」のレシピ Recipe Kaya Jam

カヤジャムとは、ココナッツミルク、砂糖、卵で作るスプレッドで、香りづけにパンダンリーフ。カスタードのような甘い味で、カリカリに焼いた薄焼きのトーストに、バターとともにたっぷり塗れば、マレーシアの朝食の定番「カヤトースト」の完成です!

2種類のカヤジャムのレシピを紹介します。

1 ■極上「パンダン・カヤジャム」のレシピ

黄身のみでつくるリッチな風味で、舌触りはまるで生クリーム! パンダンのしぼり汁を加えて香り豊かに仕上げる「パンダン・カヤジャム」です。

●材料
卵黄250g(白身は使わず、卵黄のみ。常温に戻しておく)、砂糖250g、ココナッツミルク400ml、パンダンジュース150ml程度(※)5枚(結んでおく)。なお、この分量で、500g程度のカヤジャムができる。
※パンダン15枚をハサミで細かく切り、ミキサーに入れ、水200ccを加えてまわす。繊維状になったパンダンリーフを濾せば、緑色で香り豊かなパンダンジュースのできあがり。

●作り方
すべての材料をボウルにいれ、フライパンに水をはり、温度を75℃前後に保つように、弱火の湯煎にかける。この分量で、だいたい30~40分程度で完成。 

●味の特徴
まるで生クリームのようなクリーミーな食感に、濃厚な甘み。白身が入っていないので、調理の際にダマになりにくいのも安心。ただ、卵黄250gとは、卵黄25個程度に値するので、なんともリッチすぎる……!


2 ■「カヤジャム」のレシピ

全卵を使い、食感はカスタードクリームのようにほっこり。コンスターチなどは一切加えていないので、白身がダマになるのを避けるためゆっくり時間をかけて。伝統的なカヤジャムの作り方です。

■1■ 材料は、卵250g(常温に戻しておく)、砂糖250g、ココナッツミルク400ml、パンダンリーフ(※)5枚(結んでおく)。なお、この分量で、500g程度のカヤジャムができる。
※パンダンリーフはタイやインドネシアの食材を扱う店で冷凍のものが購入可。もしくはamazonでも。

■2■ パンダンリーフ以外の材料をミキサーで混ぜる。なめらかになるまで。

■3■ フライパンに水をはり、弱火の湯煎でじっくり火をとおす。温度は75℃前後に保つように。ダマにならないようかき混ぜる。

■4■ この分量で湯煎は45分程度。だんだん固まってくる。


■5■ 

 

■7■ 完成! ミキサーにかければ、なめらかな形状になるし、このもこっとした感じも手作りの良さ。お好みで。

トーストにつけるときは、バター&カヤジャムのW塗りでお楽しみください。甘さと、バターの塩気を同時に味わうのが現地流。さらに現地の味に近づけたいなら、温泉卵をつけて、酸味がすくない甘い珈琲とともに。マレーシアの朝にトリップできます。

関連記事

  1. note 更新中 マレーシアのドリアンのディープな話し  Dur…
  2. Report「マレーシアごはん祭り2019~Malaysia M…
  3. Hati Malaysia 文化講座(終了・レポート)2月1日(…
  4. レポート。屋台祭り(終了)11月23日(土)14:30「熱烈ドリ…
  5. 虜になる発酵食品 マレーシア文化通信No.28
  6. マレーシアの麺事情 Noodle in Malaysia
  7. レシピ集を販売します。マレーシア人に習った50のレシピ Mala…
  8. Hati Malaysia 文化講座(終了)12月9日(日)三越…

おすすめ記事

  1. マレーシア文化オンライン講座_第3期募集中(2021年8月~9月)
  2. ペナンより中継!タリナ先生に習う、人気スイーツ「サゴ・グラマラッカ」の作り方(7月25日・参加費無料)。Online cooking class, Sago Gula Meraka from Penang
  3. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  4. 「普通車が豚肉専門店。店主とのやりとりで学んだこと」 タンマリのコラムVol.12
  5. 虜になる発酵食品 マレーシア文化通信No.28
  6. シェア会開催。マレーシア文化通信【WAU_Vol.28】伝統楽器サペ奏者、発酵食品、雑貨
  7. (MCO中にて、日時調整中)マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第2期(ペナンから中継)
  8. プレミアム・フードショー2021、マレーシアのブースが盛況!
  9. レポート。マレーシア料理・ライブレッスン(4月期・終了)
  10. 「名代 富士そば」に「ラクサそば」が登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。