マレーシア料理店

東京・大塚「ラヤンラヤン」(ラムリが店名を変え、場所をすこし移動しました!) 初心者もツウ好みも満足する、山手線近くのマレーシア料理店

ラヤンラヤン / Layang-Layang(旧ラムリ)

※下記記事はラムリのときに取材したものですが、ラヤンラヤンでもメニュー構成は変わりません。

ハイナンチキンライス950円。しっとりやわらかな鶏、つやつやごはん。3種のソース付き(写真は撮影用の小ぶりサイズ)

惜しまれつつクローズした「大地の木」のマレーシア人シェフ・マコさんが、2016年6月、東京・大塚駅から徒歩3分の好立地に、マレーシア料理店「ラムリ」をOPEN。メニュー構成や内容はほぼ「大地の木」と同じ。ナシレマ1080円、サテー1本200円(鶏、マトン)、チャークイティオ880円などの定番のマレーシア料理から、レモンチキン、サンバル胡瓜などのおつまみまで、多彩なメニュー展開。

おすすめはハイナンチキンライス。鶏肉のやわらかさに加え、こだわりの3種のソースが絶品。さっぱり唐辛子、にんにく入りの生姜。そして、甘醤油に、すりおろし生姜と唐辛子、にんにく、酢を加えた黒ソースが、めちゃうまい!こんなに手の凝った黒ソースを食べたのは初めてで、これだけでご飯が何杯でも食べられそうです。

ペナン海老辛麺980円。使用している卵麺は、茨城のアスリシェフから仕入れ。ビーフンと半々にすることも可

そして、大地の木でファンの多かった海老ラーメンこと「ペナン海老辛麺」も完全復活。スーブの海老だしが濃厚で、揚げ玉ねぎのザクザク感が香ばしい。もやし、小松菜などの野菜もたっぷり入っています。写真手前の自家製チリソース(サンバル)がめちゃうまで、本来なら麺に溶かすところ、思わずこれだけ食べてしまった。干し海老の香り、玉ねぎの甘みがきいていて、白いご飯にも合いそう。ちなみに、スープが真っ赤で激辛に見えますが、食べてみるとそんなに辛くはないのでご安心を。

日替わりで、漢方ジュースを用意。右はハトムギを使ったバーリ、左は羅漢果を使ったローハンコー。お店の人に「今日の漢方ジュース」と頼んでみてください。中国系マレーシア人の知恵がつまったジュースです

中国系マレーシア人であるマコさんは薬膳料理も得意で、 豚を漢方スープで煮込んだ肉骨茶(バクテー)1180円、しょうがをたっぷり加えた生姜鶏麺950円もおすすめ。お疲れ気味の体と心をほっこり癒してくれますよ。 お店は、カフェ風の居心地のよい雰囲気。「チーチョンファンやクレイポットチキンライス、ちまきは予約メニューで受け付けています。そのほか、食べたいメニューがあれば、予約時に何でも相談してみてください」とマコさん。アジアごはん好きな人も、これから好きになりたい人も、ぜひ試して欲しい店です。

ラヤンラヤン / Layang Layang

住所:東京都豊島区北大塚2-6-8 佐川ビル1F
電話:03-3940-6354
営業時間:11:00~15:00(LO14:30)、17:00~23:30(LO22:30)
定休日:なし
席数:●●席
アクセス:JR大塚駅より徒歩3分( JR大塚駅北口方面)
Web http://ramri.web.fc2.com/

 

 

関連記事

  1. 東京・渋谷「マレーアジアンクイジーン渋谷」 お洒落空間で絶品ロー…
  2. 大阪・天満「エーファモサ」 ペナン出身アルトンシェフ
  3. 福岡・次郎丸「カフェロティ」 手作りロティ・チャナイを提供
  4. 東京・荻窪「馬来風光美食」 ふっくらジューシーなペーパーチキン
  5. 東京・池袋「マレーチャン1号店」 濃厚な海老の香り。マレーチャン…
  6. 神奈川・横浜「マレーアジアンクイジーン横浜」 マレーシア在住経験…
  7. 東京・八丁堀「マレーカンポン」 旨辛ナシゴレンの秘密は自家製のサ…
  8. 東京・銀座「ラサマレーシア」 マレーシア各地の名物料理がそろう

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 8月26日(日)「マレーシア料理の基本、ナシレマッ。チキンルンダン付き」Nasi Lemak with Rendang Ayam
  2. 9月1日、2日「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest」ごはん、雑貨が横浜に集合!バティック色付け、サペ演奏もあります。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  3. アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!
  4. 屋台祭り 7月29日(日)(終了)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  5. マレーシアごはんツアー2018年10月(申込み受付中)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  6. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  7. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  8. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  9. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  10. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。