おやつ

プトゥバンブ

Putu Bambu 

ココナッツの香りに包まれた南国版らくがん

フォトジェニックな調理風景に魅了。日本人好みのインド系おやつ

初めて食べたときに感じたのは、なつかしさ。幼いころに食べていた和菓子、らくがんによく似ています。とくに、かむとほろりとほどける食感がらくがん似。椰子砂糖の上品な甘みがほわっと広がり、たっぷりかかったココナッツの実が南国気分満点です。このおやつ、作っている様子がとても楽しい! 穴がたくさんあいた専用の蒸し器(写真)を使い、その穴のうえに竹筒をのせ、なかに水を加えた米粉、ココナッツの実、椰子砂糖をいれて蒸します。生地がかたまったら、竹筒からすぽっと抜いてできあがり。そのため、プトゥバンブーは筒状の形をしています。さて、プトゥバンブーの「プトゥ」というのはタミル語のputtu(プットゥ、一部という意味らしい)が由来で、このお菓子はもともとはインドからの移民が持ちこんだもの。東京の南インド料理店「なんどり」店主inaさんによると、このプットゥ、有名なインド映画「ムトゥ踊るマハラジャ」にも登場するそうです。インドでは「プットゥ」、マレーシアでは「プトゥバンブー」(バンブーは竹)、インドネシアでは「クエプトゥ」(クエはおかし)と呼ぶようです。

Memo
インド系マレーシア人が販売していることが多い。クアラルンプールだと、セントラルマーケットの隣の通り「カストリ・ウォーク」に屋台がある。ちなみに、似た名前のインド系のおやつがいくつかあり、円盤型の「プトゥピリンputu piring」(味は同じ)、そうめんのようなものに黒砂糖をかける「プトゥマヨンputu mayong」も人気。

Photo
ジョホール、タンさんのパパ行きつけの露店にて、3~4個で3リンギットぐらい、2016年

関連記事

  1. プルッウダン
  2. フィッシュヘッドヌードル
  3. プルッインティ
  4. カレーパフ
  5. ナシレマ
  6. アンクークエ
  7. サテー
  8. 豚チャーシュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 家庭の味「小松菜と煮干し炒め」のレシピ
  2. ロティボーイ
  3. プトゥバンブ
  4. プルッウダン
  5. マレーシアのホテル朝食が美味&安い。ナシレマッにお粥、麺まで驚きの種類
  6. パイナップルタルト
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.23】民謡ムジク・アスリの歌手に注目、定番の調味料図鑑、伝統芸能マイン・プトゥリ
  8. People 牛田うっしぃさん 旅するパクチー人
  9. クエシプ
  10. クエカペ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。