おやつ

クエベンカン

Kuih Bengkang Ubi Kayu / Kuih Bengka Ubi Kayu  

カステラじゃないよ、たとえるなら、もっちり食感の芋ようかん

サツマイモのようなやさしい甘みで食べやすさ満点。年齢問わずに人気

もっちり、ねっとりした食感にやさしい甘み。まろやかないい香りで、日本人も食べやすいクエ(お菓子)です。このクエベンカン、大好きなので日本でも作りたいのですが、なかなか再現するのは難しい。なぜなら、おもな原料が日本では手に入らないキャッサバの実だから。もっちりした食感、ふくよかな香りはキャッサバによるもので、名前の 「Ubi Kayu」 とはキャッサバ(タピオカ)を指します。さて、夜市やショッピングモール内の菓子専門店など、今ではマレーシア全土で見かけるクエベンカンですが、もともとはマラッカ発祥の料理「ニョニャ」のお菓子。西洋の影響をうけた料理で、とくにポルトガルにルーツがあるとか。ブラジルにも似たタピオカケーキ「Bolo De Mandioca」があり、スペインの影響をうけたフィリピンにも同じタピオカケーキ「bibingka」(名前もそっくり)があります。ほかにも、インドのゴアに「Bebinca」というポルトガル由来のお菓子があり、これは層になったプリンだそう。クエベンカン、世界中に親戚がいる模様です。

Memo
ニョニャ菓子店やマレー菓子店で販売。日持ちがしないので、買ったらその日に食べよう。キャッサバのUbi Kayuとは、Ubiはマレー語で芋、Kayuは木。キャッサバは木のように固い芋ということで、この名前に。

Photo
クアラルンプール、KLセントラル駅の売店で購入、2個で3リンギットぐらい、2015年

関連記事

  1. アヤムゴレン
  2. 亀ゼリー
  3. ローミー
  4. サラワクラクサ
  5. ドドル
  6. フィッシュヘッドヌードル
  7. パンミー(スープ)
  8. アパンバリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. オンライン・屋台祭り(31日)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  2. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」漢方豚スープこと、肉骨茶(バクテー)の作り方(マレーシアとシンガポールの2種)
  3. 福建麺
  4. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシレマッ」「サテー」販売スタート。
  5. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  6. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10
  7. 海老麺 / 福建麺(ペナン)
  8. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  9. 「華人文化、中元节の儀式」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.09
  10. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」ニョニャ・ワンプレートごはんの作り方
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。