ピックアップ

アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!

 

 今回紹介するのは「ルンダン」です。ルンダンとは、ハーブやスパイスでじっくり煮込んだ肉料理。ごろごろと肉の入った贅沢なおかずで、食卓に並んでいるのを見ると、「おっ、ルンダンがある! いいね~」とテンションが上がるもてなし料理です。

マレーシア現地の屋台にて。左手前、大きなボウルに入っているのがルンダン。国民食ナシレマッのおかずとしても人気。
 
 
クアラルンプールの人気レストラン「オールド・チャイナ・カフェ」のルンダン。こぶみかんの葉のさわやかな香りがきいている。

 

 ルンダンにはスパイスがわんさか入っていますが、そのまとめ役であり、味の核ともいえるのが、ココナッツ。果肉のしぼり汁ココナッツミルクと削った果肉の両方を使い、まろやかで、あとをひくコク深さに仕上げます。

 具のお肉は、牛、羊、鶏の3種。牛肉は、おもに結婚式やお祭りなどハレの日の特別料理で、ふだんよく食べているのは鶏肉のルンダンです。

 ということで今回紹介するのは、東京にあるマレーシア・ルンダンのおすすめ店、荻窪の地下に潜む「馬来風光美食」です。マレーシア人のオーナーシェフ、エレンさんが作るルンダンは絶品です!

エスニック好きが集まる荻窪の名店「馬来風光美食」のルンダンはニョニャ式

馬来風光美食の「チキン・ルンダン」1,200円(税込・予約をおすすめ)。骨からすっと身がほぐれるほどやわらかく煮こまれた鶏の手羽元。ソースはココナッツの風味豊か。

 この店のチキン・ルンダンはニョニャ式です。ニョニャとは、中国からの移民と現地の女性が結婚してうまれた食文化。エレンさんのお母さんがニョニャのルンダンを得意とし、エレンさんも同じ味を15年ずっと作り続けています。

 特徴は、スパイスの豊かな風味がしみた鶏肉。そして、深いコクのなかに、華やかな味わいがあること。これは、酸味のあるタマリンドのしぼり汁を加えているためで、いくらでも食べられそうなバランスの良さ。

 また、現地のルンダンはソースがあまりないドライタイプが多いのですが、ここはグレービーソースが多め。カレーのようにご飯にソースをからめていただけるのもニョニャならではです。

ココナッツの果肉は、シャキシャキの食感に仕上げるために、できあがる直前に加えて、火入れを短くしている。
 

 朝仕込んで、その日のうちに売り切っておしまい。煮込み料理なので翌日に提供してもいいのでは? と聞くと「香りがおちるのでダメよ。それに、フレッシュさも大事なの」とエレンさん。

オーナーシェフのエレンさんは、「マレーシア料理をもっと多くの日本人に知らせたい」と日々研究を重ねている。年に数回は故郷に戻り、現地の人気店を食べ歩いている。

 

 辛さはひかえめなので、もっと辛くしたいなら、注文時に伝えてみてください。また、牛肉のルンダン1,500円(税込・要予約)もぜひ。濃厚な味わいにノックアウト間違いなし。

エレンさんのルンダンが家でも味わえる!

 さて、荻窪まで行けない……という方に朗報! 昨年(2017年)12月に、馬来風光美食のチキン・ルンダンが、レトルト商品として販売開始。これがびっくりするほど再現性が高いんです。

エレンさん監修の「ルンダン」(36チャンバーズ・オブ・スパイス)。アマゾンでのネット販売のほか、ナショナル麻布などで販売。価格は600円前後(180g)。

 

 鶏の手羽元はほろほろにやわらかく、ココナッツの豊かな香りに、シャキシャキの果肉の食感。これ、店で食べるのと同じですね! と驚いていると「当たり前よ~。だってお店で作っているのと同じレシピだもん」と笑いながらエレンさん。

約1年の開発期間を経て完成。これがあれば、自宅でも「今夜はルンダン!」とテンションが上がる。
 

 この商品は、馬来風光美食の店でも買えるので、帰りにお客さんが買っていくことも多々。とくにマレーシア人はまとめ買いをするそうです。

 ルンダンは、日本ではインドネシア料理として語られることが多いのですが、マレーシアでもとってもメジャーな料理。きっと、おいしい料理は、国境なんて関係なくて、あっちでもこっちでも自然にファンが増えていくもの。それだけルンダンがおいしい、ということなんです。

 ルンダンを食べたことがある人もない人も、ぜひ、荻窪のひと皿を味わってみてください。

馬来風光美食(まらいふうこうびしょく)
所在地 東京都杉並区天沼2-3-7 SAKAIビルB1F
電話番号 03-5938-8633
営業時間 18:00~23:00(土・日 16:30~23:00)
定休日 月曜
アクセス 中央線荻窪駅北口から徒歩5分
http://malayhu-ko.com/

 

文・撮影=古川音(マレーシアごはんの会)

関連記事

  1. マレーシア文化通信【WAU_Vol.19】表現者として活躍するシ…
  2. レポート。キッズベースキャンプにて子ども達にマレーシア・トーク
  3. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボル…
  4. 屋台祭り(終了) 3月30日(土)「マレーシアのビリヤニとサンバ…
  5. マンゴツリーのオリジナル生米麺『クイッティオ』を試してみた!
  6. note 更新中 マレーシアのドリアンのディープな話し  Dur…
  7. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の…
  8. マレーシアの伝統工芸品、ピューター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  2. 「華人文化、中元节の儀式」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.09
  3. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」ニョニャ・ワンプレートごはんの作り方
  4. 参加型オンライン・屋台祭り(29日)自宅でマレーシアの名物料理を作ってみよう。Jom masak Laksa Sarawak and Asam Pedas
  5. 10種のクッキングソースが日本上陸! マラッカからボルネオの味まで、自宅で本格マレーシア料理を味わおう
  6. 「華人文化、中元节の料理」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.08
  7. 東京・九段下「マサマサ」 マレーシアの家庭料理をティフィン(弁当箱)で楽しむ
  8. クエゴヤン
  9. ヤムケーキ
  10. チュクドゥ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。