ジャーナル

「華人文化、中元节の料理」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.08

マレーシアのリアルな台所事情。華人系の嫁タンマリが、ごはん記録を通して、現地で暮らして感じたこと、自分のなかの変化、周りの人との関係などをつれづれに語ります。

日本人タンマリ。ダーリンは華人系マレーシア人。2018年の4月1日より、ダーリンの実家であるマレーシアのジョホールに子ども3人と移住。義父(タンpapa)、義母(タンmama)、義姉、長女8歳、次女5歳、坊3歳と計7人暮らし。ダーリンは日本で仕事。
 この連載について / タンマリと家族のプロフィール

Tanmari’s food diary in Johor,

日本のお盆にあたる「ハングリーゴースト・フェスティバル」。先祖への料理がとても豪華!

2nd Sep. 2020 : Hungry ghost

わが家で行った「ハングリー・ゴースト」の食事の儀式。この3つはご先祖さまの席で、各席に白飯、飲みもの(今回はビール)、箸とレンゲが用意される

text and photo by Tanmari

 今年もこの季節がやってまいりました! 中国語で「中元节」。日本でいうお盆(お中元)にあたるもので、英語名は「ハングリーゴースト・フェスティバル」。“空腹の幽霊”という、若干恐ろしげでユーモラスな名前がついているが、華人文化では1年のうちのこの時期(旧暦の7月)、死者の霊が現世をさまようと考えられていて、その霊をとむらう儀式を行うのだ。

 例年だと公民館でイベントをやったり、もっと昔は、町をあげてのにぎやかなお祭りだったらしいが、今年(2020年)はcovid-19の影響で、各家庭での供養に。わがタン家は、9月2日(水)、9月10日(木)の2回、食事やお参りの儀式を行った。

 これが嫁の私にとっては大仕事! マレーシア移住後すでに三度目なんだけど、いつも緊張する! なぜなら決まり事が多く、それをちゃんとこなせるか、日本人嫁には不安が大きくのしかかるのだ。たとえば、お供えする「拝拝(パイパイ)ごはん」は、朝9時にはすべて準備を完了していなければならない。なので前日の夜、当日は朝6時から準備開始しないと間に合わない。それも子供たちの学校の送迎と通常の日本語授業もやりながら(汗)!

仏壇近くにセットされた1回めの「拝拝(パイパイ)ごはん」。この日は、阿公(アコン・祖父)と二老伯(アーラウペ・大叔父)、二老姆(アーラウン・大叔母)が帰ってきた

 ふー、なんとか間に合ったー! ということで今回は、用意した料理を紹介しようと思う。上の写真をみてわかるように、品数豊富でとても豪華! 日本でいうなら、お正月とクリスマスが一気にきたぐらいの盛大さだ。タンpapaはタン家の長男で、儀式はわが家で行い、タンpapaの3人の弟家族(全部で21人集まった)がやってきた。料理は各家庭の持ち寄りで、場所を提供したわが家からの提供が多め。儀式は2日間行い、それぞれの回にかならず用意しなければいけない“マスト”料理がある。

■9月2日の料理 

 こちらの5品が、かならず用意しなければいけない料理。詳しくは写真の説明をご覧ください。

 この5品以外は、基本的にはなんでもOK! タン家に集う4家の持ちよりなので、いってみれば、各家の料理の腕試しともいえる。ちなみに、長男の嫁(タンmama)は料理コーディネート係りで、各家に当日どんな料理をもってくるか事前に聞いて調整をする。これが今回集まった料理。

 昔、タン家が貧乏だったころ、お供えものが漬物とご飯のみだったこともあるそうで、このようにお供えものが多ければ多いほど、一族が繁栄した証。それをご先祖様に報告して、さらなる家族の繁栄をお祈りするのだ。

 ちなみに、各家の持ちよりメニューは、それぞれの家族内で最近ヒットした料理。各家の十八番料理というのも存在していて、二番目のおじさんはカレーが上手、三番目のおじさんの奥さんは焼きビーフンが上手なので、事前に「あれが食べたいな~」って言っておくと望みがかなったりする。

 これらの料理は、ご先祖様が食べたあと(朝の9~12時の間は、ご先祖様のためにテーブルの上に置いておく)に、人間のために温め直して食べる。場合によっては、別途味つけをすることも。そのため、これらの料理は、儀式にふさわしいように見栄えがよくて、また温めなおしても美味しい料理が好まれる。

■9月10日の料理

 さて、2回目の9月10日の料理は、肉が多め。というのも、この日は、ご先祖さま以外(ハングリーゴーストということ)が訪れるため、家の門をあけて招きいれるのだ。つまり、一族繁栄を願う料理ではなく、お腹を満たしてもらう料理ということ。こちらの3品が必須の料理になる。

 こちらはみんながもちよったもの。

 先ほども書いたように、これらの料理は、まずご先祖さまやハングリーゴーストが食べる。彼らが食べ終わってから人間の食事になるのだ。1回めは昼の12時まで。2回目は夕方までテーブルの上に置いておかれる。

 そして、食べ終わりそうな時間になったら、赤い半月型の木の板を投げて、食べ終わったかどうかを聞くという儀式がある。それぞれ表と裏になったら「食べ終わった」という印。表表、または裏裏の場合は、「まだ食べ終わってない」ことになる。表裏になるまで、何度も聞き直すのだ。

 以上、豪華な食事についてのレポートでした。次は儀式について紹介します! END

★お知らせ★
note で連載をはじめました!  コメント、いいね!お待ちしています。

タンマリ@マレーシアど田舎華人嫁(三年目)

 

text and photo by Tanmari edit by Oto

関連記事

  1. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南…
  2. 世界も認めた「アッサムラクサ」を 東京のペナン料理専門店でいざ…
  3. (終了)8月31日・9月1日「マレーシアごはん祭り2019~Ma…
  4. マレーシア文化通信【WAU_Vol.15】リリース!
  5. 日本で買える食材&スパイスでできる! マレーシアの本格チキンカ…
  6. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  7. 世界遺産マラッカの名物グルメ5選 まん丸ごはんのチキンライスも…
  8. マレーシア文化通信【WAU_Vol.17】コウケンテツさんがマレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. タパイ
  2. ロントン
  3. マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継・11日、25日開催分、前日まで申し込み可です)
  4. 6月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第3期 参加者募集します!(ペナンから中継)
  5. クトゥパ
  6. マレーシアのニョニャ料理、おすすめ18選。カラフルなプラナカン文化より
  7. マレーシアのニョニャ料理とは。カラフルなプラナカン文化より
  8. レマン
  9. ハリナシバチのはちみつ。味がいろいろって本当?
  10. Foodex Japan 2022 マレーシア関連ニュース
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。