ジャーナル

「貝って常温保管?」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.05

マレーシアのリアルな台所事情。華人系の嫁タンマリが、ごはん記録を通して、現地で暮らして感じたこと、自分のなかの変化、周りの人との関係などをつれづれに語ります。

日本人タンマリ。ダーリンは華人系のマレーシア人。2018年の4月1日より、ダーリンの実家であるマレーシアのジョホールに子ども3人と移住。義父(タンpapa)、義母(タンmama)、義姉、長女8歳、次女5歳、坊3歳と計7人暮らし。ダーリンは日本で仕事。
 この連載について / タンマリと家族のプロフィール

Tanmari’s food diary in Johor,

気温30℃以上のマレーシアで、常温で貝を放置ってアリ⁈

8th June. 2020: Dinner Menu 貝のにんにく炒め、蒸し魚梅干風味(潮州スタイル)、クレソンと肉ボールのスープ、モヤシ炒め、青菜炒め   / Place : 家Malaysia

text and photo by Tanmari

 今日は朝5時に起きて買い物へ。よしよし、こんなに朝早くに買い物だなんて、私もマレーシアの主婦として一人前になってきたもんだ。家を出たときは、こんな景色だった。まだ薄暗い。

 なぜこんなに朝早くに買い物に行くかいうと、近所の華人系おじさんがやっている店はとても人気で、朝7時にはもう、おすすめ食材なんてほぼ残っていない。早朝に買いにくるマダムたちに買い占められてしまうのだ。そこで今日こそは、と出かけたら、こんな戦利品がゲットできた!

 指の爪ぐらいサイズの小粒の貝。サクラ貝みたいに、むこう側が透けて見えるぐらいの薄い殻だ。食べたことも、調理法も知らないけど、まわりのマダムたちがどんどん買っていくので、私も!と買ってみた。隣にいたマダムに、カタコトの中国語で聞いてみたら、「ニンニク、生姜、チリで炒める」とのこと。なるほど、中国料理の鉄板やな。

 そうこうしているうちに、どんどん食材が売れていくおじさんの店。見れば、トラックに食材を積み込んでいて、これから町を巡回するようだ。

 店を出ると、外は明るくなっていて、大通りには、ぽつぽつと店が営業している。店といっても、車の荷台で売っていたり、車のトランクの上で売っていたりと、移動式の簡易ショップ。自家用車の豚肉やさんもとても人気だ。

 さぁ、帰ろう。店からわが家までは田舎ロードの一本道。この景色が、わたしはとても好きだ。

 さて、家に到着。さっそくタンmamaに貝を誇らしげに見せ「mama、今日はこんな珍しい物を買ってきたよ~」と報告。外国人嫁として、ローカル食材を積極的に挑戦している、とは株上げポイント(のはず)なのだ! mamaもこちらの予想どおり「よく、こんなの見つけたね~」と驚いてくれた。嬉しい。

 が、しかし。事件は夕食の準備のときに起こった。

「タンマリ! なんで、この貝、冷蔵庫に入れたの?! もう死んでいて使えないわ!」 えっ?? マレーシアは気温30度以上の激暑で、貝を冷蔵庫に入れずにおいておくなんて、それはないでょ……⁈

 と思ったが、口に出さずに、mamaの話しをよく聞くと、この貝は冷蔵庫にいれるとすぐに死ぬそうで、常温で置いとくものらしい。そうか、だからスーパーの冷蔵コーナーには売っていないのか。

 とはいいつつ、せっかく買ったのだからダメもとで炒めてみるか、と調理開始。油をひいたフライパンに、にんにく、生姜、唐辛子のみじん切りを加えて、香りが出たら、貝を投入。あっという間に貝の口が開いたので、そこに醤油をさっとまわしかけてでき上がり! 

 貝の口はわりと多く開いたし(開かないものもあった)、きっと大丈夫だろう!と食卓に並べたら、予想以上に子供たちに大人気! いつもは唐辛子や生姜で味つけした料理は敬遠しがちなのに、この貝自体の味がおいしいようで、よく食べる。たしかに、うまみがぎゅっと凝縮していて美味! 日本でよく食べていたアサリよりも濃い味でアタリだった。


 さてさて、貝といえば、ひとつ忘れられない出来ごとがある。忘れもしない2006年。タンpapaとmamaに結婚前のあいさつをしに行ったときに、悲劇は起こった。夕飯で食べた貝にあたったのだ……。

 当時、私は英語がまったく話せず、良い嫁になることをアピールするために「出された料理を猛烈に食べよう」と決意。そこで、すすめられるがままにパクパク食べていたら、その晩、私ひとり、腹痛でのたうちまわるという羽目に……。(ちなみに、みんなも同じ貝料理を食べたが、あたったのは私ひとり)

 腹痛に耐えられずに家族みんなで病院へ。そして、私は会ったばかりのタンmamaの膝枕で寝るという、ダーリンをはじめ皆がびっくりする、というタン家の新たな伝説を作ってしまった。あまりにもお腹が痛いので、ふかふかのmamaの膝が魅力的だったのだ。これは「新嫁がはじめて会った姑の膝枕をねだる珍事」として、今もなおタン家で語り継がれている。


 という思い出が走馬灯のように頭によみがえった私は、パクパク食べる子どもたちに恐怖を覚え、「そろそろ食べるのやめようね~」と思わず貝の皿を大人側に、笑。幸い、子供達はお腹を壊さず、その夜は本当にホッとした。

 貝の話しばかりしたけど、この日のメニューは「蒸し魚の梅干風味(潮州スタイル)」「クレソンと肉ボールのスープ」「モヤシ炒め、」「青菜炒め」。野菜多めのヘルシー食卓で満足満足。

 最後にこの写真を紹介しよう。

 ダーリンが一時帰国していたとき、紙飛行機で遊ぶ子供たちとダーリン。夕方涼しくなったので庭で子供たちと遊び、それから夕飯を食べた日の写真で、「あぁなんて人生は美しい!」と思ったのだ。今は日本とマレーシアで離れ離れで過ごすダーリン。彼を思い出しながら、この写真を眺めています。

END

  今日はここまで。この連載はどんどん続きますので、みんなお楽しみに!

text and photo by Tanmari edit by Oto

関連記事

  1. 連載中! タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.03
  2. 五感を刺激する進化系マレーシア料理「DEWAKAN」
  3. 書籍『マレーシア 地元で愛される名物食堂』出版 released…
  4. レポート(終了)10月16日(水)13時『マレーシア 地元で愛さ…
  5. (満員御礼)マレーシアごはんツアー2019年10月「リゾート島ラ…
  6. J-WAVE「ACROSS THE SKY」にてマレーシアの食文…
  7. マレーシア料理とは
  8. おいしいの3つの要素。サイエンス・カルチャー・ノスタルジック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「父の日のレストラン」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.06
  2. 「貝って常温保管?」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.05
  3. マレーシア産の高級ドリアン「ムサンキング」のスイーツレシピ!
  4. 期間限定でサンバル販売! マレーアジアンクイジーン渋谷店にて now on sale Sambal
  5. サンバルのレシピ
  6. オンライン・屋台祭り(9月5日)テーマは辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  7. ナシレマッ完成写真とドリアン感想の紹介。8月30日・常夏の国マレーシアの人々に会いに行く!オンラインツアー。応援セットにナシレマッ、ドリアン、なまこが登場!
  8. 「家事は得意な人がやる!という華人の合理性」タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.04
  9. 連載 「タンマリのマレーシア家族ごはん」について
  10. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)「カヤトースト・オンライン・イベント」Jom makan Kaya Toast at each home
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。