マレーシア料理店

東京・大塚「ラヤンラヤン」初心者もツウ好みも満足する、山手線近くのマレーシア料理店

ラヤンラヤン / Layang-Layang(旧ラムリ)

※下記記事はラムリのときに取材したものですが、ラヤンラヤンでもメニュー構成は変わりません。

ハイナンチキンライス950円。しっとりやわらかな鶏、つやつやごはん。3種のソース付き(写真は撮影用の小ぶりサイズ)

惜しまれつつクローズした「大地の木」のマレーシア人シェフ・マコさんが、2016年6月、東京・大塚駅から徒歩3分の好立地に、マレーシア料理店「ラムリ」をOPEN。メニュー構成や内容はほぼ「大地の木」と同じ。ナシレマ1080円、サテー1本200円(鶏、マトン)、チャークイティオ880円などの定番のマレーシア料理から、レモンチキン、サンバル胡瓜などのおつまみまで、多彩なメニュー展開。

おすすめはハイナンチキンライス。鶏肉のやわらかさに加え、こだわりの3種のソースが絶品。さっぱり唐辛子、にんにく入りの生姜。そして、甘醤油に、すりおろし生姜と唐辛子、にんにく、酢を加えた黒ソースが、めちゃうまい!こんなに手の凝った黒ソースを食べたのは初めてで、これだけでご飯が何杯でも食べられそうです。

ペナン海老辛麺980円。使用している卵麺は、茨城のアスリシェフから仕入れ。ビーフンと半々にすることも可

そして、大地の木でファンの多かった海老ラーメンこと「ペナン海老辛麺」も完全復活。スーブの海老だしが濃厚で、揚げ玉ねぎのザクザク感が香ばしい。もやし、小松菜などの野菜もたっぷり入っています。写真手前の自家製チリソース(サンバル)がめちゃうまで、本来なら麺に溶かすところ、思わずこれだけ食べてしまった。干し海老の香り、玉ねぎの甘みがきいていて、白いご飯にも合いそう。ちなみに、スープが真っ赤で激辛に見えますが、食べてみるとそんなに辛くはないのでご安心を。

日替わりで、漢方ジュースを用意。右はハトムギを使ったバーリ、左は羅漢果を使ったローハンコー。お店の人に「今日の漢方ジュース」と頼んでみてください。中国系マレーシア人の知恵がつまったジュースです

中国系マレーシア人であるマコさんは薬膳料理も得意で、 豚を漢方スープで煮込んだ肉骨茶(バクテー)1180円、しょうがをたっぷり加えた生姜鶏麺950円もおすすめ。お疲れ気味の体と心をほっこり癒してくれますよ。 お店は、カフェ風の居心地のよい雰囲気。「チーチョンファンやクレイポットチキンライス、ちまきは予約メニューで受け付けています。そのほか、食べたいメニューがあれば、予約時に何でも相談してみてください」とマコさん。アジアごはん好きな人も、これから好きになりたい人も、ぜひ試して欲しい店です。

ラヤンラヤン / Layang Layang

住所:東京都豊島区北大塚2-6-8 佐川ビル1F
電話:03-5972-4518
営業時間:11:00~15:00(LO14:30)、17:00~23:30(LO22:30)
定休日:なし
席数:●●席
アクセス:JR大塚駅より徒歩3分( JR大塚駅北口方面)
Web https://layang2.web.fc2.com/

 

 

関連記事

  1. 千葉・木更津「パプリカ」インバウンド向けホテル内の本格派
  2. 福岡・次郎丸「カフェロティ」 手作りロティ・チャナイを提供
  3. 東京・池袋「マレーチャン2号店」 マレーシアで買い付けた漢方で煮…
  4. 東京・十条 豚肉の漢方煮込み、バクテー専門店
  5. Close 茨城・大みか「ポコピサン」 全国にファンがいるアスリ…
  6. 東京・池袋「マレーチャン1号店」 濃厚な海老の香り。マレーチャン…
  7. Close 静岡・浜松「アジアンダイニングキッチン 韻彩」 シェ…
  8. 東京・祖師ヶ谷大蔵「馬来西亜マレー」 “心はマレーシア”が合言葉…

おすすめ記事

  1. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  2. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミー専門店
  3. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の味揃い
  4. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  5. 「おしゃれは大事」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.07
  6. 「父の日のレストラン」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.06
  7. 「貝って常温保管?」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.05
  8. マレーシア産の高級ドリアン「ムサンキング」のスイーツレシピ!
  9. 期間限定でサンバル販売! マレーアジアンクイジーン渋谷店にて now on sale Sambal
  10. サンバルのレシピ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。