マレーシア料理店

茨城・大みか「ポコピサン」 全国にファンがいるアスリシェフに会える店

アジアンダイニング ポコピサン  / Pokok Pisang 

ポコピサン、ある日のビーフカレー。そのほかミーゴレン、ナシゴレン、ナシアヤム(チキンライス)、唐揚げサンバル等を提供

茨城、大みか駅近くのマレーシア料理店「ポコ・ピサン」。都心からはすこし距離がありますが、ここはいく価値あり。なぜなら、多くのファンに惜しまれつつ閉店した高田馬場の「大地の木」のメインシェフ、アスリさん(ペナン出身、料理歴20年)が腕をふるっているからです! 本格的なマレーシア料理から、初めてマレーシア料理を食べる人も楽しめるアスリ流エスニックメニューを提供。なかでも、マレーシアの辛味調味料サンバルに、日本産の椎茸を加えた特製椎茸サンバルは大人気! また、事前にお伝えすれば、アスリシェフは何でも作ってくれるので、わたしの友人のなかには、アスリさんの手料理を食べるために、青春18きっぷを使って、プチ旅を楽しんだ人もいるほど。ハラルレストランで、祈祷室の設置もあり。ケータリング、お弁当対も対応可能です。 

10494628_462008267282757_1345340199227446238_n

自家製サンバル販売中。サンバルとは、マレーシア料理にかかせない辛味調味料。ナシゴレン、ミーゴレン、ナシレマ、野菜炒めなど何でも付けます。スパイシーサンバル、スパイシーえびサンバル 、えびサンバル(各150g、800円)、しいたけサンバル( 150g、1,000円 ※椎茸が手に入りにくいため品薄)

12987145_603601099790139_8682296908538182264_n

「系列店のサポートで店にいないときもあるので、マレーシア料理が食べたいときは、かならず連絡してくださいね!」とアスリシェフ

12088355_535911303225786_7994180960572350541_nポコピサン / Pokok Pisang「5分でカオマンガイ」
住所:茨城県日立市大みか町4-4-13
電話:0294-51-5257
営業時間:火~金 11:30~21:00、土 ・日11:30~22:00
定休日:月休
駐車場:3台
アクセス:JR常磐線大みか駅より徒歩6分
※ハラルレストラン。お酒の扱い無し。
※サンバルは、浅草の系列店「成田屋」でも販売
Web http://www.fellowscompany.jp/pokok-pisang

関連記事

  1. 東京・大塚「ラヤンラヤン」(ラムリが店名を変え、場所をすこし移動…
  2. 東京・八丁堀「マレーカンポン」 旨辛ナシゴレンの秘密は自家製のサ…
  3. 東京・祖師ヶ谷大蔵「馬来西亜マレー」 “心はマレーシア”が合言葉…
  4. 東京・銀座「ラサマレーシア」 マレーシア各地の名物料理がそろう
  5. 大阪・難波「ケニーアジア」 関西在住マレーシア人の心のよりどころ…
  6. 大阪・天満「エーファモサ」 ペナン出身アルトンシェフ
  7. 神奈川・横浜「マレーアジアンクイジーン横浜」 マレーシア在住経験…
  8. 東京・池袋「マレーチャン1号店」 濃厚な海老の香り。マレーチャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 8月26日(日)「マレーシア料理の基本、ナシレマッ。チキンルンダン付き」Nasi Lemak with Rendang Ayam
  2. 9月1日、2日「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest」ごはん、雑貨が横浜に集合!バティック色付け、サペ演奏もあります。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  3. アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!
  4. 屋台祭り 7月29日(日)(終了)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  5. マレーシアごはんツアー2018年10月(申込み受付中)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  6. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  7. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  8. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  9. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  10. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。