おかず

フィッシュヘッドカレー

Fish Head Curry

魚の頭入り。さわやか系スパイスのサラサラカレー

魚好きにおすすめ。えらやあごの下、脳天の身にもカレーがたっぷりしみている

土鍋や大皿で提供されるフィッシュヘッドカレーは、大人数でとりわける料理。カレーというより、具だくさんのカレー鍋といったほうが近いかも。特徴はなんといっても、皿の中央でキラーンと目を光らせている魚の頭。まぐろのカマ焼きのごとく、骨のまわりの身をスプーンでほじほじして食べます。いったいなぜ、こんなに食べにくい材料がカレーの具になっているのかというと、それまで捨てていた部位なので安く仕入れられた、とか、魚の頭はよく動く部分なので美味など、諸説あり。とにもかくにも、このインパクトのある見た目が人を惹きつけ、いまではマレーシアで人気のカレーになっています。サラサラした汁っぽいカレーで、タマリンド(豆科の甘酸っぱい実)やトマトの酸味、フェネグリークなどのスパイスの香りがさわやか。オクラやナスなどの野菜や油揚げにカレーがしみていて、これがまた美味。ちょっとバテ気味の日に、食欲をもりもりかきたててくれる、頼りになるヤツです。

Memo
インド系のカレー食堂「ナシカンダー」で提供。ときに、中国系のレストランで見かけることも。魚の頭の食べ方は、スプーンで身を適度にカットして自分の皿の上におき、そこで小骨を取りのぞこう。鍋からそのままパクッと食べると、小骨が入っていることが多いので、気を付けて。

Photo
クアラルンプール、バングサ地区のカレーレストラン「Curry Guys」て、2014年

関連記事

  1. ダックライス
  2. バビロティ
  3. 蟹の塩卵ソース炒め
  4. 亀ゼリー
  5. チキンライス
  6. チェンパダ・ゴレン
  7. パンミー(スープ)
  8. ヨントウフ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り(募集スタート!) 3月30日(土)「マレーシアのビリヤニとサンバル」Malaysian Biryani & Sambal Petai
  2. マレーシア文化通信【WAU_Vol.19】表現者として活躍するシャリファ · アマニさん、イデル · プトラさんインタビュー&絶品朝ごはん
  3. マレーシア文化通信【WAU_Vol.18】名曲「童話」を歌ったアジアの情歌王子、光良さんにインタビュー
  4. マレーシア文化通信【WAU_Vol.17】コウケンテツさんがマレーシアの食文化を語る
  5. J-WAVE「ACROSS THE SKY」にてマレーシアの食文化トーク(3月16日まで視聴可)
  6. 春節のお祝い料理「イーサン」(終了)。2019猪年の福を願おう!横浜・元町中華街店で開催!2019年2月10日(14:00~)
  7. アジアごはんズVol.6(終了)2019年2月3日(12:00~、15:30~2回開催)「アジア料理にかかせない唐辛子タレ」に注目
  8. Hati Malaysia 文化講座(終了)2月1日(金)出張講座・マレーアジアンクイジーン横浜店
  9. マレーシア料理教室(終了)2019年1月12日(土)(たびっくす共同企画)丸鶏で調理するチキンライス、海老とすり身の豆腐揚げ。Malaysian cooking class, Chicken rice
  10. 屋台祭り(終了) 12月22日(土)「クリスマス記念。丸鶏一羽のローストチキン」Special Malaysian Whole roasted chicken with pulut
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。