レシピ

マレーシアで人気のごはんがカンタンに再現できる10のレシピ Kindle&iBooks版で発売!

Malaysia Cookbook  Best Recipe 10

とうとう出ました!マレーシア料理のレシピ集、出版のお知らせです。

2012年よりスタートした「マレーシア人シェフに習う、マレーシア料理教室」。今までに習った150以上のレシピから、とくに評判の良かった10品を厳選して紹介!

日本で手に入る食材で、現地のおいしさを見事に再現し、しかもカンタンに作れるという優れもの。また、その料理にまつわるシェフのコメントやごはん目線での現地情報付きです。

※ この本のKindle版は、海外(マレーシア)で日本amazonからの購入が制限されているそうです。お手数ですが、amazon.com(別途登録が必要)にアクセスの上、こちらのサイトよりご確認ください。

■ 10のレシピはこちら

ナシレマッ Nasi Lemak   
アッサムラクサ Asam Laksa 
チキンカレー Kari Ayam
フィッシュヘッドヌードル Fish Head Noodle 
チキンライス Chicken Rice
サンバルイカンビリス Sambal Ikan Bilis
オーチェン Fried Oyster
オイスターレタス Oyster Lettuce
カリーパフ Cari Pap
ビスクマゾーラ Bisque Mazola

レシピ提供: モハマド・アスリ・ビン・ハマット(ポコピサン)、リョン・ウィー・ヘン(マレーアジアンクイジーン)

■ 販売情報

マレーシア人シェフに習う料理教室 今までに習った150以上のレシピから
とくに評判の良かった「マレーシアごはんベスト10」  価格500円

Amazon 販売ページはこちらです

iBooksでも販売しています

撮影・文・編集: 古川音(マレーシアごはんの会)
レシピ提供:  モハマド・アスリ・ビン・ハマット、リョン・ウィー・ヘン
協力店: ポコピサン(5分でカオマンガイ)、マレーアジアンクイジーン

フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 10934 KB
紙の本の長さ: 39 ページ
同時に利用できる端末数: 無制限
出版社: KLIMT PUBLISHING; 1版 (2017/4/11)
販売: Amazon Services International, Inc.
言語: 日本語

★無料アプリ「Kindle」をダウンロードしてご覧ください★

たった10のレシピですが、教えてくれたシェフの思い、マレーシアという国が歩んできた歴史、料理教室に参加してくださった生徒さんの声を、文章に、写真に、コラムに、たくさんこめました!

また、今年(2017年)は日本マレーシア外交樹立60周年記念の年。この記念すべき年に、もっと多くの日本人にマレーシアを知ってもらえたら、と願っています。マレーシア料理を食べたことのある人もない人も、この本でおいしい旅を楽しんでください。

関連記事

  1. 国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」がマレーシア特集。1…
  2. 募集終了「マレーシアごはん 特製カルタ」読み札文募集!
  3. ご飯にあう「バクテー」のレシピ
  4. 「ガーデンクリニック広尾」体験レポ。英語も日本語も対応可のマレー…
  5. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ…
  6. カリッと揚げた「ロバッ」のレシピ
  7. dancyu, Feb2017号で、シャングリ・ラ ホテル東京の…
  8. 人の言葉、人の笑顔。それらはじぶんが思っている以上にパワーがある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. オンライン・屋台祭り(31日)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  2. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」漢方豚スープこと、肉骨茶(バクテー)の作り方(マレーシアとシンガポールの2種)
  3. 福建麺
  4. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシレマッ」「サテー」販売スタート。
  5. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  6. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10
  7. 海老麺 / 福建麺(ペナン)
  8. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  9. 「華人文化、中元节の儀式」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.09
  10. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」ニョニャ・ワンプレートごはんの作り方
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。