レシピ

みんな大好き「チキンカレー」のレシピ

マレーシアでいちばん人気のカレー、チキンカレー。八角の香りがただようココナッツミルクカレーです。レシピのポイントは、玉ねぎとにんにくをじっくり時間をかけて炒めること。カレー粉は焦げやすいので慎重に。いつもの夕飯でもよいし、エスニック好き集まりのメインにも。辛さひかえめなので、食べやすいです。

チキンカレーの材料(4~6人分)

サラダ油 150~200ml
玉ねぎ 1/2個 みじん切り
にんにく 8粒 みじん切り
ショウガ 厚めのスライス3枚
カレー粉(☆) 大さじ4
鶏もも 200g  
水 300cc  
牛乳 300ml
八角 8個 (なくてもok)
レモングラス1本  
じゃがいも 3個 乱切り
ココナツミルク 250m
塩小さじ1  
砂糖ひとつまみ

ご飯は日本米でもいいし、タイ米ももちろん合う
☆カレー粉は、マレーシア産のカレー粉「ADABI社の肉用」がおすすめ。 アジア食材店やネット通販で購入可。なければS&Bのカレー粉も近い

レシピ

ステップ1 時間をかけてじっくり炒めます

鍋にサラダ油を入れて熱し、玉ねぎ、にんにく、生姜を入れて、キツネ色になるまで弱火でじっくり炒める。はじめは玉ねぎから水分が出てオイルが白濁。やがて透明な色に変わるので、その状態になるまで炒めること。玉ねぎのツンとして刺激臭が消えるのも目安。(サラダ油が多いように感じるかもしれないが、カレー粉を加えていくので、ある程度の分量は必須)

ステップ2 カレー粉を焦がさないように

カレー粉を加え、200mlの水を少しずつ入れて、カレー粉が焦げないように慎重に炒める。オイルが表面に浮いてくるまで弱火で炒める(約10分)。オイルが表面に浮くとは、ぷくぷくと表面に泡が立つように、オイルが分離した状態のこと。火がしっかり通ったあかし。

ステップ3 鶏肉にからめて、野菜を入れて煮込みます

鶏肉を入れて全体をからめたら、残りの水100mlと牛乳、八角、レモングラス、じゃがいもを加えて、じゃがいもが柔らかくなるまで30分ほど煮込む。

ステップ4 ココナツミルクで風味をつけます

ココナツミルクを入れて、10分ほど弱火で煮る。塩と砂糖を加え、味を調整。最初の飲み口は濃厚で、後味がじわじわと辛いカレーになっていれば完成。

関連記事

  1. 販売書店が増えました! アマゾンでも好評販売中! 本『ナシレマッ…
  2. 「AYAM(アヤム)」のサーディン缶で炊きこみごはん
  3. カリッと揚げた「ロバッ」のレシピ
  4. 簡単「レタスのおひたし」のレシピ
  5. マレーシアで人気のごはんがカンタンに再現できる10のレシピ Ki…
  6. 日本で買える食材&スパイスでできる! マレーシアの本格チキンカ…
  7. さくさくスナック「カレーパフ」のレシピ
  8. 甘い・辛い「ナシレマ」のレシピ

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。