おかず

ヨントウフ

Yong Tau Foo 醸豆腐

すり身三昧のマレーシア版のおでん

ヘルシー派に。野菜たっぷりで食べやすい

オクラ、ナス、豆腐、苦瓜、魚のすり身。それらを薄味の鶏のだしで食べる料理です。特徴的なのは、魚のすり身の具だけでなく、豆腐にもナスにもオクラにも、ほとんどすべての具に魚(または豚)のすり身がはさまれていること。まさに練りモノづくしで、この感じは何かに似ている……と頭をぐるりと巡らせてみると、すぐに答えを発見。おでんです! 甘味噌とチリのつけダレが付いるのですが、これを和がらしと柚子胡椒にし、外の熱風を木枯らしに変えたら、「大将、熱燗ね」と言いたくなる味。さて、写真のヨントウフは、クアラルンプールのチャナタウンの店で。裏道にひっそりたたずみ、おばちゃんが1人で店をきりもりしています。人通りがほとんどない抜け道のような路地なのに、いつ行ってもおばちゃんはそこにいて、かれこれ10年以上、そこで商売をしています。すごいな、おばちゃん。ちなみにこのお店、客家麺(つるっとした汁無し麺)もおいしいです。

Memo
ヨントウフは、餃子の皮を豆腐や野菜で代用した料理とも言われている。オリジナルは豆腐に肉を詰めた中国の客家料理が起源だそう。

Photo
クアラルンプール、チャイナタウンの小道にある屋台、5リンギットぐらい、2014年

関連記事

  1. ペナンラクサ
  2. サンハーミー
  3. カヤトースト
  4. ロジャ(果物バージョン)
  5. ナシカンダー
  6. 巨大カレーパン
  7. バビロティ
  8. ナシレマ三角

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. サラワクラクサ
  2. ペナンラクサ
  3. 屋台祭り(募集中)11月23日(土)14:30「熱烈ドリアン祭り(4つの味!)」Malaysian Durian Durian Durian!!
  4. 11月のマレーシア料理教室(募集中!) は発酵調味料で作る蒸し魚と鶏料理 Malaysian cooking class, Steam Fish & Fried chicken
  5. レポート(終了)10月16日(水)13時『マレーシア 地元で愛される名物食堂』刊行記念トーク&サイン会 クアラルンプールの紀伊國屋書店で開催
  6. (終了)11月2~4日「マレーシアフェア Malaysia Fair2019」新宿中央公園にて開催
  7. レポート。屋台祭り(終了)10月20日(日)14:30「ラクサといえばコレだ! 酢っぱ辛い魚のラクサとペナンロジャ」Malaysian Asam Laksa & Penang Pasembur
  8. レポート。アジアごはんズVol.7終了「4ヵ国の麺食べ比べ」
  9. マレーシア文化通信【WAU_Vol.21】AYAMが支えるマレーシア人の食卓、マイスターが伝授する旅プラン
  10. 『マレーシア 地元で愛される名物食堂』読者からのコメント Reader comment of the book Malaysia Local Food
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。