ごはん&麺

ラクサム

Laksam

クランタン州の自慢の麺。甘い魚だしに香草たっぷりの妙技

甘・香・辛・柔といろんな味や食感を楽しみたい人へ

マレー半島の北東に位置するクランタン州のご当地ヌードル。魚だしにココナッツミルクを混ぜたほのかに甘いスープと米からつくったやわらかい太麺が特徴です。太麺といっても、シート状の生地をくるくる巻いたもので、中は空洞。イメージするなら、そうですね、おしぼりのような形状で、2センチぐらいの適度な長さにカットされています。この麺、日本では見かけませんが、マレーシアにはけっこうあって、たとえば「チーチョンファン(豚腸粉)」。中に具を入れたりタレをかけて食べます。また、サラワク州のスープ麺「クエチャップ」。漢方スープに浮かぶのは、この麺です。もうひとつ、ラクサムはケダラクサと同じマレー系の人が作る麺なので、スープは麺にひたひたにかぶる少な目で平皿で提供。麺はスプーンですくって食べます。具はもやし、きゅうり、ダウンクスンDaun Kesom(ラクサリーフとも呼ぶ)という香草などさっぱり系。そこにピリッと辛いサンバルを好みで混ぜて。甘めのスープにやわらかい麺、さやわかなに香りに、刺激的な辛さ。さまざまな味が重なり合うマレー料理の真髄のような麺です。

Memo
“ラクサ”の基本の定義は魚だしに米の麺料理なので「ラクサム」はラクサの一種といえる。ただ、ほかのラクサに比べて麺の形状やスープの味は大きく違い、クランタン州ならではの独特の味。専門屋台、ナイトマーケットで提供。

★マレーシア全体のラクサ事情(たくさんあります!)はこちらの記事へ。

photo
クランタン、コタバル、3リンギット程度、2013年

関連記事

  1. ナシゴレンパタヤ
  2. ピーナッツトンスイ
  3. ローミー
  4. プトゥバンブ
  5. クエスリムカ
  6. ポークボールミー
  7. マンゴーロー
  8. プトゥ・マヨン

おすすめ記事

  1. 海老麺
  2. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  3. 「華人文化、中元节の儀式」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.09
  4. Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」ニョニャ・ワンプレートごはんの作り方
  5. 参加型オンライン・屋台祭り(29日)自宅でマレーシアの名物料理を作ってみよう。Jom masak Laksa Sarawak and Asam Pedas
  6. 10種のクッキングソースが日本上陸! マラッカからボルネオの味まで、自宅で本格マレーシア料理を味わおう
  7. 「華人文化、中元节の料理」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.08
  8. 東京・九段下「マサマサ」 マレーシアの家庭料理をティフィン(弁当箱)で楽しむ
  9. クエゴヤン
  10. ヤムケーキ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。