おやつ

アパンバリ

Apam Balik

ピーナッツとコーン入りの半月型パンケーキ

ふかふかタイプはどらやき似で腹持ちも抜群

ふかふかの甘い生地のなかに、ピーナッツやコーンがごろごろ。具入りのパンケーキといいますか、ビッグサイズの大判焼(今川焼)といいますか、そうそう、どらやきにも似ています。パンケーキのトッピングといえば洋のクリームで、大判焼きの具といえばの和の餡子ですが、アパンバリは粗く砕いた香ばしいピーナッツにつぶつぶコーン。これがじつにマレーシアらしい。ピーナッツのカリカリ食感、コーンはかき氷にもかならず入っているマレーシアでは定番のスイーツの具。かむとぷちっと飛びだすフルーティーなコーンの汁が、スイーツの新しい扉を開いてくれます。バターを加えていることも多く、甘さなかにしょっぱさあり。ナイトマーケット(パサマラム Pasar Malam)でよく見かけ、焼きたて熱々をほおばるのがベストです。厚みのあるふかふかタイプ、薄いクリスピータイプ、直径50センチぐらいに大きく焼いたものを切り分けて食べるタイプ、大判焼きのように小型のものなど、いくつか種類があります。ちなみに、生地が焼けたら、半分に折って、半月状に。この生地を折り返すところが、マレー語のBalik=逆さま、後方に戻る、帰るという意味で、お菓子の名前になったのです。

Memo
マレーシア全土で食べられる人気のお菓子。中国の福建省から渡ってきたお菓子ともいわれ、戦の際に食べやすいよう具を挟んだ形なのだとか。マラッカやペナンで食べられるニョニャ菓子ではBan Chien Koay バンチンクアイ(ゆっくり焼いたケーキという意味)と呼ばれる。インドネシアやブルネイでも人気で、前者はTerang Bulan トゥランブラン(明るい月という意味)、ブルネイは Kuih Malayu(マラユのお菓子という意味)と呼ばれている。

Photo
ランカウイ、夜市にて、1個で1.5リンギットぐらい、2019年

関連記事

  1. チェンパダ・ゴレン
  2. ジョホールラクサ
  3. チーチョンファン(KLバージョン)
  4. ドドル
  5. クエスリムカ
  6. ナシチャンプル
  7. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  8. 巨大カレーパン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. トウフファ
  2. クエバカール
  3. ボボチャチャ
  4. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク
  5. アパンバリ
  6. 春節のお祝い料理「イーサンの会」(募集中)。2020鼠年の福をみんなで願おう。渋谷店は1月25日夜、横浜店26日昼に開催!
  7. 1月12日マレーシア料理教室(開催決定!募集中)丸鶏の鶏骨茶(終了)と腐乳レタス Malaysian cooking class, Chi Kut Teh
  8. アジアンマルシェ(2月1・2日)にて、マごはんカルタ、オリジナルグッズを販売!
  9. アンクークエ
  10. 名物食堂本の出版記念トーク&マレー凧WAU作り体験
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。